こんにちは、小法師です!

サラリーマンの楽しみであり悩みであるのがランチについて。お弁当にするかコンビニの菓子パンにするか、いやいや、外で食べて気分転換しようかな!でも給料日前でお金がない!!なんてことも(笑)

オフィス街であればあるほど、この楽しみ?悩み?は顕著なんじゃないかな。オフィス街は人が多いですから、その分、食べるところもたくさんありますが、ランチタイムはどこに行っても混みますね。行列ができるなんてこともよく見かける光景です。

日本有数のオフィス街である新橋も同じことが言えますね。平日のランチタイム、人であふれかえります。凄い人ですよ!

とはいえ、ランチタイムは少しでも有意義に過ごしたいもの。そこで今回は「これぞ新橋!」というパスタを紹介します!

新橋という名の喫茶店

そのお店は、新橋駅から徒歩1分に場所にある「新橋駅前ビル1号館」にあります。駅の近くというのはありがたいですね。

名前は「カフェテラス ポンヌフ」。昭和42年(1967年)にできたお店ですから、とても歴史のあるお店です。実はこの「ポンヌフ」。フランス語の「Pont Neuf」から来ています。でね、この「Pont Neuf」の意味が「新しい橋」という意味なんですよ。

「新しい橋」、そう「新橋」(笑)

なんともわかりやすいというか、昭和の香りが漂うネーミングですが、とてもわかりやすくてこの意味を知った時、さらに大好きになりました。紹介する時にもいいじゃないですが、エピソードとして伝えやすいし面白いしね。

カウンター5席とテーブル16席というお店。正直言って「いまどき」のお洒落なカフェとは言えませんが、歴史を感じさせてくれるお店です。

お店:カフェテラス ポンヌフ

場所:東京都港区新橋2丁目20-15 新橋駅前ビル1号館

最寄り:新橋駅

ポンヌフ名物・ハンバーグスパテゲィ

新橋という名のポンヌフ。このお店で有名なのが「ハンバーグスパゲティ」。スパゲティの上に手作りハンバーグが乗っかっています。

スパゲティは、みんな大好きナポリタン!あのオレンジ色した、フランスのナポリとは全く関係がないというナポリタン!アルデンテ?それ美味しいの?というように歯ごたえとは無縁のナポリタン!なわけですよ。

銀色のお皿で提供してくれるのですが、これがまた食欲をそそるのです。喫茶店でナポリタンというと、この組み合わせはたまりませんね。口の周りをオレンジ色に染めながら、フォークでクルクル~とパスタを巻きながら一気に口にほうばる。柔らかいパスタをモグモグと噛むたびに、コッテリとしたナポリタン独特の味が口の中に広がります。

ハンバーグも手作りですから、ジューシーでとても美味しい。ナポリタンを食べる。ハンバーグを食べる。ナポリタンとハンバーグを一緒に食べる。というように味のレパートリーも楽しめるのです。

味に飽きて来たら粉チーズをかけたり、こしょうをかけたりして味を変えましょう!そのおかげで、また色々な味を楽しめます。結構な量があるのですが、無心でパクパクモグモグと食べられてしまいます。

新橋・ポンヌフで昭和の時間を楽しんで!

新橋駅からほど近い場所にある「カフェテラス ポンヌフ」。昭和42年にできた昭和の香りが漂うお店ですが、提供してくれる「ハンバーグスパゲティ」もまた、昭和を感じさせてくれるもの。だって、ハンバーグとナポリタンのセットですからね。懐かしさを味わうように無心でナポリタンを食べていけば、頭から仕事のことが離れて、ひと時のリラックスタイムにもなるでしょう。

新橋にお立ち寄りの時は、ぜひ足を運んでみてください!

お店:カフェテラス ポンヌフ

場所:東京都港区新橋2丁目20-15 新橋駅前ビル1号館

最寄り:新橋駅

スポンサーリンク