こんにちは、小法師です!

友人にバングラデシュの方がいます。
仕事の関係で日本に来て3年目の彼らと、やっぱり仕事の関係で知り合ってから時折食事に行っています。

そんな彼らから「バングラデシュ料理を食べに行こう!」と誘われて、赤羽にある「ベティクロムフーズ」に行ってきました。

バングラデシュというと、貧困国というイメージが強く、料理についてもそんなに期待をしていなかったんですよね。

しか~し・・・・このイメージを思いっきり覆されたのでした!

ではさっそく・・・・という前に、バグラデシュってどんなところなんでしょう。

バングラデシュとは「ベンガル人の国」という意味

バングラデシュは「ベンガル人の国」という意味です。
初めて聞いたときは、なんとも言えない気持ちになりました(笑)。

正式名称などは以下の通り。

国名:バングラデシュ人民共和国
首都;ダッカ
人口:1億5,940万人(人口数は世界7位)
場所;南アジア
宗教:イスラム教

北と東西方面をインド、南をミャンマーと国境を接しています。



バングラデシュの食事は日本に近い?

バングラデシュの主食は「お米」だそうです。
実際に、バングラデシュレストランでもお米料理がでてきました。

違いは、お米の種類ですね。

バングラデシュのは長粒種。タイ米を思い出していただければいいかと思います。長めのお米ですね。
日本のお米は単粒種で短め。モチモチとした食感が特徴です。

イスラム教ということもあり、豚肉を食べることはできませんが、それ以外の肉類は問題がありません。
スパイスに漬けたものや焼いた肉をカレーで味付けしたものなど、日本人の味覚に近いものがあります。

あとは揚げ物が多いですね。ナスやゆで卵などを衣をつけて揚げる。
アメリカンドックの生地をイメージするとわかりやすいかな。

食べ方も特徴があって、日本は箸やスプーンなどを使って料理を食べますよね。
バングラデシュでは、食事を手でこねながら食べます。これが結構難しい!

彼らの食べている姿を見ると簡単そうに見えるんですけどね~これが難しい!(笑)

また、フルーツも豊富です。マンゴーなんかも採れるようです。

バングラデシュ料理をいただいてみた

日本人の口に合いそうなバングラデシュ料理ですが、どんな料理があるのでしょうか。

特長としては、スパイスを使う!スイーツはとにかく甘い!手で食べる!です(笑)

私が食べたものを紹介しますね。

・ビリヤニ
スパイスと米、肉や魚などを混ぜて作る米料理。これはうまかったな~!
おかずと一緒に混ぜて食べると味が変わって美味しさ倍増!

・イリッシュマス
魚料理。スパイスで煮込んである。ちょっと骨が多かったけれど、歯ごたえがあって厚みのある白身魚!

・ボッタ
これも魚料理。ジャガイモをマッシュしたものと混ぜて丸めたもの。
種類はわからなかったけど、パクチーのような野菜が入っていて、これが良いアクセントになってたなぁ。

・ムルギ
鶏料理。チキンをスパイスに漬けこんだもの。そのまま食べても美味しいんだけど、ビリヤニと一緒に食べるとさらにうまい!

・ドイ
牛乳で作るケーキ。1個あたり大福くらいの大きさなんだけ、これを作るのに1リットルの牛乳が必要なんだそうで。
スイーツのひとつなんだけれども、とても甘かった!甘いスイーツはバングラデシュの特徴なんだそうですよ。

・ライスプディング
お米を使ったプディング。お腹いっぱいでなければ違う印象をもったと思うのだけれど、甘かった~!

・マンゴーラッシー
よくあるインドレストランのマンゴーラッシーと思うなかれ。
マンゴーのシロップをラッシーに溶かしているわけではないのです。
バングラデシュはマンゴーが採れるのですが、このマンゴーラッシーは生マンゴーをすりおろり牛乳とヨーグルトで混ぜてできたもの。
変な甘さがなく、すっきりとした甘味のあるマンゴーが感じられます。これは本当に美味しかった!

もっと料理があったのですが、正直名前を覚えられず・・・・。
パーティーがあると最低でも22品目もの料理が提供されるそうです。すんごい量ですよね。
友人にオーダーをお願いしたのですが、すんごい量で、すぐにお腹いっぱいになりました。

まとめ

バングラデシュの友人と赤羽でバングラデシュ料理を堪能。
感想としては、スパイスをたくさん使っているけれど、それぞれにおいて深みがあって、どれもが美味しかった!

スイーツは甘かったなぁ(笑)。
バングラデシュ人は甘いものが大好きなんだそうです。そのため、糖尿病患者も多いと言ってましたね。

食を通じて異文化交流を行ったわけですが、料理の説明や感想を共有するなど面白い時間でもありました。
バングラデシュ料理を食べる機会は少ないと思いますが、ぜひ試していただけたらなって思います!

今回の記事はこれで終わりです。

お読みくださり、ありがとうございました!