小法師です。

お正月が終わると、あっという間に世間はバレンタイン一色になります。
松飾りや鏡餅だったりと「日本のお正月」だったものが、鏡開きが終わったあたりから、バレンタインデーの広告がいたるところに・・・

日本人って気持ちの切り替えが早いって思う瞬間です(笑)

バレンタインと言えば女性が男性に愛を告白する日。

中学生くらいの男子はドキドキして2月14日を迎えるわけですよ。

「ちょっと!」なんて女子から声をかけられたら、「ドキ!!!」としてして、振りむいてみたらなんてことはない、ただプリントを渡されただけでガックリとするわけです。

反対に女子からすれば、始めて男子に告白するなんていう、これまたドキドキした日になるわけです。

「何をプレゼントすれば喜んでくれるのかな?なんて声をかけよう?」

なんてね。

これはきっと中学生に限らず、大人になっても同じだと思うです。

愛を告白するのに、年齢は関係ない。

この胸のドキドキはいつまでたっても同じ。

そんなあなたにおくる、バレンタインデーに贈ると喜ばれるプレゼントについて。



バレンタインデーに手作りのお菓子を贈ろう!

市販のチョコレートやお菓子も、もちろん嬉しいんです。
プレゼントをいただけるのって、ありがたいことだし、嬉しいことです。

旅行のお土産をいただいても同じだと思うんですよね。

「あ、私のことを考えてくれたんだな~」

ってね。

でも、バレンタインデーは特別な日。
だからこそ、市販のものではなく、手作りのお菓子を贈りましょう!

手作りって難しそうと思うかもしれません。
それは難しいものを作ろうとするからです。

簡単にできて、なおかつおいしいお菓子ってのも世の中にはあるんですよ。

それをご紹介しますね!

バレンタインのレシピで人気があるお菓子

簡単にできるもの。
それは、「生チョコ」です。

簡単に作れますが、人気があるんですよ。
チョコレートをそのまま楽しめますからね。

■用意するもの
・市販のチョコレート(板チョコ)
・生クリーム
・ココアパウダー
・パッド(溶かしたチョコレートを入れます)

■作り方
1 チョコレートを刻んでボウルに入れておく。
2 生クリームを沸騰寸前まで温めます。
3 それを、刻んだチョコレートの入ったボウルに投入します。
4 チョコレートが溶けてなめらかになるまでかき混ぜましょう。
5 それをオーブンシートを敷いたパッドに流しいれます。
6 表面をならして1時間くらい冷蔵庫にいれて固めます。
7 固まったチョコレートをパットから外して好きな形に切りましょう。
8 ココアパウダーをまぶして終わり!

簡単だからといってあなどるなかれ。
シンプルだからこそ、人気があるですよ!

豪華な贈り物も嬉しいかもしれませんが、シンプルなものであっても、気持ちを込めて手渡しすれば喜ばれますよ!

まとめ

バレンタインデーは愛を告白する日。
なにも贈り物を渡す日ではなく、気持ちを贈る日なんです。

だから、豪華なチョコレートでなくてもいいんですよ。

生チョコは簡単にできるものかもしれませんが、手作りで作ったことに価値があるのです。

愛の告白でなくても、日頃のお礼としてバレンタインデーに贈り物をする方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても大切なのは、気持ちです。

好きです!
ありがとうございます!

贈り物を渡す時には一緒に言葉もプレゼントしてあげてくださいね。
きっと相手は喜ぶと思いますよ。

バレンタインがあなたにとってステキな一日になりますように。

お読みくださり、ありがとうございました!