こんにちは、小法師です!

日本人であれば、一度は食べたことがあるであろう「おにぎり」。ご飯をニギニギして三角だったり丸だったりと作り手によって形が変わる日本の伝統料理。

お弁当や行楽のお供、夜食など色々と場面で食べられているんじゃないかと思います。おにぎりを食べていると、日本人だな~って思うんですよね。私は、明太子の入ったおにぎりが好きなんですが、お米の美味しさと明太子の辛さが凄くマッチしていて、具が明太子だった時は、テンションが少しあがります(笑)

そんなおにぎりですが、今ではコンビニで当たり前のように売られていたり、おにぎり専門店があったりと、とても人気があります。日本人のソウルフードとも言えますからね。人気があるのは、当たり前のことかもしれないな~なんて思っちゃいます。

具も梅や鮭など超定番のものから、シーチキン、筋子、唐揚げ、高菜・・・といったようにたくさんあります。塩だけ塗った塩おにぎりもおいしいですね。

今回は、インターネットで人気のあるおにぎりレシピを調べてみました。「すりごま塩」でつくるおにぎりが人気があったので、そのことについて書いとこうと思います!

シンプルで簡単!すりごま塩のおにぎり

普段おにぎりを作る時は「塩」を使うと思います。今回はその塩に「すりごま」を加えたシンプルおにぎりの紹介です。

準備する食材は次の通り。

【食材】

・ご飯

・塩(あら塩か岩塩)

・白すりごま

たったこれだけです!ご飯に塩とすりごまを混ぜて、握るだけ。ごまのプチプチとして楽しめるのがいいですね。量は全て自分のお好みでいきましょう。大食いであれば大きなおにぎりを、そんなに食べないよ~というのであれば、少なめに。美味しく食べられる量を自分で選んでくださいね!

あとはおにぎりですから、具があるといいですよね。これもお好みになりますが、このおにぎりにあわせるならば、梅干しや「おかか(鰹節)」がいいんじゃないかな~って思います。すりごまと梅干しの愛称は抜群なんじゃないですかね。香ばしさに酸っぱさが加わるととてもおいしくなるんですよね。

シンプルおにぎりだから色々と楽しめる

これだけ凄くシンプルにつくることができる「すりごま塩」おにぎり。工夫することで色々な味が楽しめそうです。だって、ごはんに塩とすりごまが入っているだけですからね(笑)

例えば、大葉を巻いてみるとか。すりごまの香ばしさに、大葉のさわやかさが加わるといい味になるんじゃないかな。この時の具は梅干しで決まりですね。他には、焼きおにぎりにしてみる。すりごまの香ばしさがより一層際立ちますね。具は、鰹節がいいかな。あと、焼く時に、軽く味噌か醤油を塗ってもいいかも。それぞれの香りを楽しめるので、食欲が一層増すこと間違いなし!

シンプルだからこそ、色々なバリエーションを楽しめるんですね。おにぎりですから、お弁当に入れることもできるし、ちょっとした夜食にも。ぜひあなたの好きなおにぎりをアレンジしてたのしんでみてください!

 

 

スポンサーリンク