こんにちは、小法師です!

夏は台風の季節ですね。「台風○号が発生しました、大型で強い台風になります」と言ったニュースをよく聞きます。

台風が来ることはわかったけれど、「強い台風」とか「猛烈な台風」「暴風域」という言葉、正直よくわからないな~と思いました。

そこで、強い台風の基準や猛烈な台風、暴風域の定義など強さの表現など色々と調べてみました。

早速いってみましょう!



強い台風の基準って何?猛烈な台風はどれくらい?

台風にもいろいな基準がありますが、そもそも「台風」ってのはなに?という話です。

台風とは

気象庁によれば、台風は「北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの。」と定義されています。

台風の強さによっては、国が災害対策本部を設けるなどして被害があった時に速やかに対応できるようにしています。

この台風の強さによって表現が変わってくるのですが、その「強さ」は「最大風速」のことを意味しています。
次の項目で見ていきましょう。

強さ=最大風速

「強さ」は最大風速によって表現が変わります。風速は次の通りです。

強さ 速度
(表現しない) 33m/s(64ノット)未満
強い 33m/s(64ノット)以上 44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上

引用:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi2.html

先ほどから「m/s」という単位が出てきますが、どういう意味でしょうか。次で説明しますね。

m/sとは

「m/s」とは「メートル毎秒」のことで、「1秒間に1メートルの速さ」ということ。

ですから「強い台風」と表現されると、最低でも33m/s以上なわけですから、1秒間に33メートルの速さということになります。

「猛烈な台風」になると54m/sということで、「1秒間に54メートルの速さ」

ただし、最近の天候の異常さがあるためか、風が弱くても雨が非常に激しい場合「強い台風」と呼ぶこともあるそうです。

では次に、風の強さが与える被害を見てみましょう。

風の強さと被害の程度

風の強さがどれだけの被害を与えるかを知っておくのは自分の身を守るためにも必要です。

風力 風速(m/s) 現象
5 8~10.7 葉のある木がゆれ、池の水面に波頭が立つ
6 10.8~13.8 大きな枝が動き、傘がさしにくくなる。電線が鳴る。
7 13.9~17.1 木全体がゆれだす。風に向かって歩きにくい。
8 17.2~20.7 風に向かって歩けない。木の小枝が風で折れる。
9 20.8~24.4 人家にわずかの損害が起こる。(煙突が倒れ、瓦がはがれる。)
10 24.5~28.4 陸地の内部では珍しい。樹木が根こそぎになる。
人家に大損害が起こる
11 28.5~32.6 めったにおこらない。広範囲の破壊を伴う。
12 32.7以上

引用:https://ono119.jp/?id=77

気象予報士で防災士でもある國本未華さんのtweet。「台風の勢力って風の強さで決まっています。」とありますね。風の強さを知っておくことは身を守る上でも大切なことなんです。

強さの次は「暴風域」という言葉を調べてみました!


暴風域の定義は?

「暴風域に入りました。注意してください。」と台風の季節になるとよく聞きます。どんな意味なんでしょうね。定義はあるのでしょうか。

暴風域の定義

気象庁によると暴風域の定義は次の通りです。

台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。

単純に言ってしまえば、範囲内において25m/s以上の風が吹きまくっている状況です。すさまじい風が吹いているという状態ですね。

調べていく中で「暴風域」の他にも「強風域」「暴風警戒域」というのもありました。暴風域と一緒にまとめてみますね。

「強風域」と「暴風域」と「暴風警戒域」

用語 説明
強風域 台風や発達した低気圧の周辺で、平均風速が15m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。
暴風域 台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。
暴風警戒域 台風の中心が予報円内に進んだときに、暴風域に入るおそれのある領域。

2019年8月に発生した台風10号。「九州南部の一部が風速25m/s以上の暴風域に入った」とあります。


「暴風域」という言葉を聞いたら、非常に強い風が吹いていると思ってください。興味本位で外に出たり海や川に近づくというのは危険な行為ですからね、絶対に止めましょう!


台風の大きさに関する表現

強さ以外にも大きさに関する表現もありますね。

「大型の台風」「超大型の台風」なんて言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。台風に伴う風速15m/s以上の領域の半径を基準にして「大型」「超大型」がわけられているようですよ。

大きさ 風速15m/s以上の半径
表現しない 500km未満
大型(大きい) 500km以上 800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

引用:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi2.html

半径が「500km以上800km未満」なんて気軽に書いてありますが、800キロってなると「東京から広島」くらいまでの広さのことをいうそうですよ。

どれくらいの規模なのか、イメージができそうでできないくらいのサイズではないでしょうか。

 

2019年8月に発生した台風10号。一時期「超大型」になりました。つまり「半径が800キロ以上」ということです。東京から広島の距離を余裕で覆ってしまうってことです。

強い台風の基準や猛烈な台風など表現に関するまとめ

台風には様々強さや大きさがあることを今回調べた中でわかることができました。

風の強さによって「強い・非常に強い・猛烈に強い」と段階にも分かれているし、大きさも「大型・超大型」とありました。

半径が800キロとなると東京から広島をすっぽりと覆ってしまうくらいの大きさです。

台風シーズンとなり、ニュースで毎日のように台風関連情報について聴くことがあると思いますが、気まぐれで行っているわけではなく、しっかりとした区分があります。

「大型で非常に強い台風」なんて言葉が聞こえて来たら、事前に避難情報に気を配るなどして身を守る行動を心がけてくださいね。

今回は以上となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m