2019年8月30日(金)21時00分~23時34分まで、金曜ロードSHOW!「天空の城ラピュタ」が放映されますね。何度も何度も放映されたけれど、未だに人気が衰えない宮崎駿監督の大傑作。楽しみです!

こんにちは、小法師です!

今回は天空の城ラピュタに関する「その後」について考察したいなと思います。天空の城ラピュタはバルスの一言で崩壊して宇宙に行ってしまった後、バズーとシータのその後や、落下したムスカの最後はどうなったのか。

そんなところをみていこうと思います。

早速いってみましょう!



天空の城ラピュタのバズーとシータのその後は?


金曜ロードSHOW!公式Twitterより。左がバズーで右がシータ。この2人を中心に物語は進んでいきます。

ラピュタ崩壊後、2人のその後はどうなったかという話ですが「恋愛関係となり数年後には結婚をする」としか思い浮かびません。


バズーとシータが恋愛関係になる理由

「吊り橋効果」(吊り橋理論)をご存知でしょうか。

吊り橋理論は、ダットンとアロンというカナダの心理学者による検証実験から導かれた理論で、高い吊り橋上で行われたことからその名がつきました。

実験内容は、橋を渡ってきた18歳から35歳の独身男性に、橋の真ん中ほどで女性がアンケート協力をお願いし、「結果に興味があるなら電話をください」と連絡先を渡すというもの。

「高さ70m、長さ100m以上の揺れる吊り橋」と「固定された揺れない橋」それぞれで同じ実験を行ったところ、揺れる吊り橋では50%の男性が連絡してきたのに対し、揺れない橋では13%弱と、明らかな差が出たのです。

この差は、「揺れる吊り橋を渡るときの緊張感や不安によるドキドキを、相手の女性への恋愛感情によるときめきだと脳が誤認したのではないか」と考えられています。

最後の一文に「「揺れる吊り橋を渡るときの緊張感や不安によるドキドキを、相手の女性への恋愛感情によるときめきだと脳が誤認したのではないか」と考えられています」とあります。

アクション映画などで、こんなストーリーのものを観たことはないでしょうか。

ヒーロー役の男性とヒロイン役の女性が、初めて知り合った・もしくは知り合いでもお互いをいがみ合っていたにも関わらず、一緒に危機を乗り越えて、最後には生還で来たことを喜び合い、お互いを大好きになってしまっている。

よくある映画の話かと思いますが、今回のバズーとシータの行動を当てはめてみると、「吊り橋効果」が発動しないわけがない!とある意味言い切ることもできるのではないかと思うのです。

・空から降ってくるシータをバズーが受け止める

・空の上で相手とドンパチやりあう

・人質にされていたところを救われた

・バルスと滅びの呪文をと唱える

これ以外にもドキドキの緊張するシーンは盛りだくさん。

それを2人で切り抜けてきた、それだけでも十分「この人とても素敵な人だ・・・」とお互い思ってもおかしくはないと思えるのです。

バズーとシータのその後、私が思う考察は「恋愛関係になり数年後に結婚」となります。


落下したムスカの最後はどうなった?

次に考察していきたいのが、落下したムスカの最後です。

ラピュタが崩壊した後、ムスカは画面に現れなくなります。崩壊中のシーンにおいて目を凝らしてみると、ムスカ大佐も一緒に崩れ落ちていく姿が見えます。

Twitter上にアップされていて、ムスカの行く末をしっかりと届けていますので、「ムスカはこの世を去った」と言えるのではないかと思います。

こちらがムスカがラピュタの崩壊とともに崩れ落ちていく姿です。

 
こちらがムスカ大佐。

非常に高い所から落ちていくわけですから、観ている人も「さすがのムスカも・・・」と思うでしょう。

ラピュタ王族の末裔で、ラピュタ王にもなれたかもしれないが、どれだけ権力があったとしても、強欲になってしまっては人は滅びてしまうものですね。

ただ、このムスカがいなければ、ここまで天空の城ラピュタは盛り上がらなかったと思います。

そしてどこかで蘇っているという気もするのです。


ムスカの名言

ムスカは色々な言葉を残しています。ネット上でも「ムスカの名言」として、半ば面白半分にまとめられています。

・見ろ!人がゴミのようだ!
・目がぁぁー!目がぁぁぁぁぁぁぁー!!
・3分間待ってやる
・ラピュタは滅びぬ。何度でも甦るさ!ラピュタの力こそ、人類の夢だからだ

ムスカが発する言葉全てが名言にされてしまうのではないかと思うのですが、私の中で少し気になったのが最後の言葉です。

ムスカはどこかで生き延びているのではないかと。

描かれているわけではありませんから、あくまでも憶測ですが、自分の身に何かあった時のことを想定して準備しているのではないかとも思うのです。

ラピュタへの執念は凄まじいものがありましたからね。そう易々と願いを手放すとは思えないのです。



天空の城ラピュタのバズーとシータのその後と落下したムスカの最後に関するまとめ

バズーとシータ。心理学的な視点から、恋愛関係となって最終的には結婚するのではないかと考察をしてみました。

あれだけの危機感を伴う世界において一緒に時間を過ごしたわけですから、特別な感情をもってもおかしくはないでしょう。仮に結婚までいかなくても、最後まで寄り添うような関係になったと思います。

ムスカにあっては、最後のシーンが描かれていましたね。とはいえ、その執念深さから、今もどこかで・・・と思ってしまいます。

あくまでも私なりのしてんで考察してみました。

以上となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m