こんにちは、小法師です。

TOKIOの山口達也さん・・・いや、ジャニーズ事務所のWEBサイトから削除されたとなると、山口達也さんをTOKIOとして考えるのは難しいのかもしれませんね。

今回の山口達也さんが起こしてしまったことは、とても残念であり衝撃的な出来事でした。結果として起訴猶予となりましたが、社会に与えた影響はどれくらいでしょうか。

社会だけでなく、TOKIOをキャラクターとして使っていた企業や東京オリンピック関連、そして福島県。

そこにかかる影響は計り知れないと思います。経済的な損失もさることながら、そこに住む人々の心にはどんな影響があったのでしょうか。

そこで、今回は「TOKIOと福島の今後は?山口達也の書類送検の影響を考えてみた!」としてお届けしたいなと思います。

早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

TOKIOの山口達也が起こした事件

端的に言ってしまえば、未成年である女子高生への強制わいせつです。

山口達也さんが酒に酔った勢いで、未成年である女子高生にキスをした。それに恐怖か何かの感情を感じた女子高生が親に相談し、被害届を提出した。その後、数日後に示談が成立し、起訴猶予ということになった。

という内容です。

連日連夜、TOKIOのことについて報道は続いています。5月2日には、残された4名(城島茂さん・国分太一さん・松岡昌宏さん・長瀬智也さん)による謝罪会見が行われました。

山口達也さん含めた5人で話あい、その時に山口達也さんが「退職願」を提出したそうですね。これについては賛否両論あるようです。

「会社ではなく、自分の出処進退もメンバーに預けてしまうのか」「退職願、仕方いことだよね」といった声が多くあったのではないかと思います。

たしかに、退職願の提出が行われた場面では、他の4人は何も考えられなかったのではないでしょうか。25年近く一緒にいたメンバーですからね。松岡昌宏さんは、記者会見で涙ながらに厳しい発言をしていましたね。

ずるい・甘い・あなたは病気」という、とても強いメッセージではないかと思います。

25年も一緒にいたメンバーにこんな発言をさせてしまったこと、それだけでもとてもやるせないことではないでしょうか。今後の山口達也さんとTOKIOがどうなるか、気になるところです。

TOKIOと福島の今後はどうなる?

TOKIOと言えば「鉄腕!DASH!」の関係から、様々な形で福島県を応援しているアイドルグループでもありました。しかし、今回の一件でTOKIOが写っているポスターがはがされてしまいました。

国民に人気のあったTOKIOのメンバーが起こしてしまった不祥事が、応援していたはずの福島県にも影響を及ぼす結果となってしまいましたね。

経済損失だけでなく、TOKIの山口達也さんをはじめとしたメンバーが与えてきた影響がどうなるのか、とても心配になります。

5月2日の記者会見時に国分太一さんは、「公式でなくても、福島を応援する」という心強い発言がありました。TOKIOの一件に限らず、東日本大震災の影響を受けて復興が遅くなっています。

そんな中、TOKIOの皆さんは、とても大きな存在になったのではないかと思います。「鉄腕!DASH!」での舞台が福島県でしたからね。Twitterなどで反応を見ていると「TOKIOには感謝しかない」というコメントがたくさんありました。

福島県とTOKIOの今後の関係がどうなるかは、これから本格的な交渉になるとは思います。しかしながら、住民の方々からすれば、どんな願いでいるかは決まっているかもしれません。

もちろん否定的な意見があるのも承知しています。私個人としては、TOKIOというグループ形態に関係なく、個人であっても、今後もこのまま福島県の応援を続けてもらい、多くの人の笑顔に貢献してもらいたい、そう強く願うし、そうなったとするならば、とても嬉しいなと思います。

まとめ

今回は「TOKIOと福島の今後は?山口達也の書類送検の影響を考えてみた!」として、個人的な考えを述べさせてもらいました。

テレビ番組の「鉄腕!DASH!」を通じて、東日本大震災以降も福島県を応援し続けてきたTOKIO。今回の一件で、全てが「無」にかえることだけは避けてほしいなって思います。

たしかに山口達也さんが犯した事件は、残念なことであり、一般的に見れば許されるものではありません。

しかし、TOKIOとしての活動までもが否定されるものではないはずです。これからもTOKIと福島県には良い関係であって欲しいし、福島県の復興にお力添えいただければと願うばかりです。

あなたはどう思いますか?よろしければ、コメント欄からメッセージをいただけたらと思います。

以上、「TOKIOと福島の今後は?山口達也の書類送検の影響を考えてみた!」をお届けしました。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク