こんにちは、小法師です!

日大のアメリカンフットボール選手の危険なプレーが大きな問題になっていますね。監督からの指示があった、コーチからの指示があったというような声がいまだに根強くあり、危険なプレーをした日大アメフト選手も顔出しで記者会見をしましたね。

その記者会見に対して、法人としての日大はあまり良い反応はしていなかったと思います。

そして、5月23日。日大アメフト部の内田正人前監督と、井上奨コーチが記者会見を開きました。その記者会見において、内田前監督と井上コーチに対する様々な質問が飛び交っていたのですが、ここでまた波乱が・・・。

記者会見を仕切っていた司会者と報道陣が揉めて、場が混乱したとのこと。

何のための記者会見かよくわかりませんんが・・・この司会者とはいったい誰なのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

題して「日大緊急会見の司会は誰?アメフト問題で日大終わったとの声に反発!」となります。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

日大の記者会見について

日大による記者会見は2018年5月23日の20時から始まりました。報道陣は約250人も集まったそうです。

事の発端は、アメリカンフットボールの試合中、日大のアメフト選手が、試合中に、しかもプレーが中断している時にも関わらず、無防備な状態だった関西学院大学の選手に対して非常に危険なタックルをしたことにあります。

このことが起きてからネット上はもちろん、毎日のように報道がなされ、被害者となった関西学院大学の選手が被害届を提出、父親が記者会見もしました。テレビでご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

内田前監督にあっては、一度記者会見を開きましたが、相手の大学名を何度も間違えたり、謝罪のはずなのにピンク色のネクタイということで、色々とツッコミが入っていました。

その後、危険なタックルをした日大アメフト部の選手が、顔出しをしてまで記者会見を開きました。「自分にはもうアメフトを行う資格はない」的な発言もし、アメフトを断念するとのことです。その選手が言うには「監督の指示・コーチからの指示」という発言もあり、多くの情報が錯綜し、何が真実なのかわからない状況でもあります。

そんな中、23日の記者会見において内田前監督と井上コーチは「そのような指示はしていない」との発言があり、報道陣との応酬が始まったのです。

そこで、さらに場を混乱させたのが司会者でした

記者会見が90分を回ったことや、同じような質問が報道陣からされたこともあり「打ち切ります」と切り出したものの報道陣は納得せず。

それに対して強引に記者会見を打ち切ろうとしたわけですが、その強引なやり方にある報道陣から「日大ブランドがあなたの発言で落ちている」と告げたところ、司会者は「おちていません」と反論。

というようなやり取りが起き、さらに現場は混乱したとのこと。結局、打ち切ろうとしても記者会見は打ち着られずに、その後も続いたそうですよ。

記者会見の司会者は誰?

その記者会見の司会者は「日大の関係者」だそうです。おそらく広報部の方ではないかと推測されます(追記:広報部の職員が司会者とのことです)。

弁護士か中立な立場の方が行っていたのかな~なんて思っていたのですが、そうではないようですね。日大関係者が日大の記者会見を仕切っていたとのことですね。これが一般的なのかどうかまではわかりませんが、もう少し誠意があってもよかったのではないかと思います。

日大には「危機管理部」という学部があるそうですが、これが日大の言うところの「危機管理」になるのでしょうか。

追記:司会者は日大広報部職員

日本テレビ系「ニュースZERO」の司会者の方の氏名が出たようですね。危機管理部の教授ではないかという声もあったようですが、どうやら広報部の職員だそうです。

広報部の職員に対して、危機管理部の教授はどんなレクチャーをしたのか・・・。いずれにしても危機管理部の存在意義が問われるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「日大緊急会見の司会は誰?アメフト問題で日大終わったとの声に反発!」としてお届けしました。

危機管理部を設置している日大ですが、今回の騒動ではどれだけの危機管理をして臨んだのか、聞いてみたいですね。記者会見においても、ひと騒動が起きるなど危機管理という意味が全く見えてきません。

このような騒動に「日大終わった」「日大のイメージをどん底に落とした」なんて声がネット上にあがりました。

これからどのように日大は対応していくのか。推移を見守りたいところですね。

以上「日大緊急会見の司会は誰?アメフト問題で日大終わったとの声に反発!」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク