こんにちは、小法師です!

気になる面白いお笑い芸人が出てまいりました。「金属バット」という芸名の2人です。

M-1グランプリ2018で準決勝に出場。敗者復活戦にも出場するものの決勝進出には至らなかったけれど、その時の2人の頑張りが評価されて人気が出始めたようです。

最近の芸人さんは「面白いな!」と思っても、「あれ?最近見ない」ということが多いので、今後も活躍ができるような売れるネタがあるのか、また、人気や評価を調べてみました。

面白い芸人さんですからね、「長く頑張ってほしい!」という願いをこめて、早速いってみましょう!



金属バットは面白いお笑い芸人!

いきなり宣言をしていますが「金属バット」は面白いです!

ネタの好みは人それぞれですので一概に言えませんが、「面白いお笑い芸人」と言える理由の一つに「芸能界の中にもファンが多い」ということが挙げられるんです。

例えば女優の黒木華さん。彼女は金属バット好きをテレビでも公言していますね。

続いて三倉茉奈さん。「マナカナの見分け方」というネタをご本人が観て爆笑したそうな。

このおふたり以外にも、ケンドー・コバヤシさんが2018年のM-1が終わった後に大絶賛していたり、笑い飯さん、ハライチさんといった同業の方からの評価も高いんです。

ハライチのおふたりは、ラジオ番組で「金属バットに憧れて絶賛」というトークをしたんです。同業から絶賛されるって凄くないですか?

ファン心理のひとつとして、例えば黒木華さんが好きな方だったら、「黒木華さんが好きな物が好き」となる可能性もあると思うんですよね。だから、黒木華さんが好きな人が多ければ多いほど、金属バットの認知度も上がって、「面白いじゃない!」と好きな人も増えてくると私は思うんですよ。



金属バットに売れるネタはあるの?

芸能界からも面白いお笑い芸人として認知されている「金属バット」ですが、肝心の「売れるネタ」はあるのでしょうか。面白いお笑い芸人としては、「売れるネタのひとつやふたつ」持っておきたいところではないでしょうか。

とはいえ、人が面白いと言ったものイコール自分が面白と思うわけではありません。ですので、動画をお見せしたいと思いますので、「売れるネタ」かぜひご自身で判断いただきたいと思います!

フジテレビにて毎週金曜日よる11時40分から放送している「ネタパレ」というのがあります。ダイジェスト版の短い動画ですが、YouTubeに公式動画がアップされております。

その中でも「いいね!」の高評判が多いものを紹介します!

『あっという間/金属バット』(1分40秒) 「いいね!」の数・・・1300!

 

『九九/金属バット』(2分18秒)「いいね!」の数・・・3200!

 

『仏壇/金属バット』(1分55秒) 「いいね!」の数・・・1200!

私個人としては「九九」が好きです。どうしてそういう発想になるんだろう?と思わず笑ってしまいました(笑)

こういうネタがあるということは、きっと正統派漫才で頑張っていくんだと思います。これからもネタをたくさん作って笑わしてもらいたいですね!

金属バットの人気や評価を調べてみた!

芸能界にも「面白い芸人」としてファンが多く、売れるネタも作っている「金属バット」。一般の方々はどのような評価をしているのでしょうか。Twitterから人気や評価を調べてみました。

氷川あさみさんも金属バットを面白い芸人とコメント!

金属バットの好きなところを「ここがすき」としてまとめていらっしゃる方も。熱量が凄いですね!

会場によっては満員御礼にできるくらい実力も人気もあるみたいです。

人気がある物ばかり掲示したら操作していると思われるので「金属バット 面白くない」で検索したところ、でてきたのがこちらです。「高校野球は面白くない」と評価が。少し紛らわしいですね(笑)

調べてみた結果、面白いという評価がとても多かったです。人気がある証拠ではないでしょうか!

ますます期待したくなりますね。

次に、そんな金属バットについて基本的な情報をまとめてみました。


金属バットの友保隼平・小林圭輔の生年月日やプロフィールまとめ!

金属バットの友保さんと小林さんについてわかる範囲でお伝えしますね。

金属バット・友保隼平さん

こちらが友保さん。4枚とも、友保さん(笑)

 

名前 友保 隼平
生年月日 1985年08月11日(2019月09月22日歳)

金属バット・小林圭輔さん

こちらが小林さん。4枚ありますが、全て小林さんですね。

氏名 小林 圭輔
生年月日 1986年3月6日(20歳)
出身地 大阪府堺市


金属バットは面白いお笑い芸人で売れるネタに関するまとめ

今回は、金属バットが面白いお笑い芸人なのか、また人気が出てきたとはいえ売れるネタがしっかりあるのか、評価を調べてみました。

ネタも面白いし、正統派の漫才をしているなと強く印象に残っています。なによりも芸能界の中にもファンが多いというのは、それだけ魅力があるということではないでしょうか。

一発屋で終わらずに新しいことへ挑戦していただいて、元気のない所へ元気を届ける活動をしていただけたら嬉しいな~と思います。

今後の活躍が楽しみです!

今回はこれで以上となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m