こんにちは、小法師です!

「人を笑顔にする」って凄いことだな~と思うんです。その代表格は、芸人さんでしょうか。落語家・漫才師・コメディアンというように色々な立場があるかとは思いますが、それぞれの立場で人に笑顔をしていますよね。

私個人としては、落語が好きなんですね。なんというか、言葉遊び的な感もありますし、物語としても面白い。そんなところに面白さを感じます。

言葉だけに限らず、話し方や身振り手振りで「目に見えないけれど、その風景が見える」なんていうことも魅力のひとつです。

そんな芸人さんの世界ですが、「一発屋」なんていう言葉がありますね。

爆発的に人気は出るけれど、あっという間に人気が落ちて行ってします方のことを指します。ここ最近も芸人さんが出ては消え、出ては消えをしているのではないかと思います。

そんな中、最近「一発屋になりそうだな・・・」という芸人さんがいます。それは「ひょっこりはん」という方です。正直言えば、「おもしろくない!」と私は思ってしまうのですが・・・。

そこで今回は「ひょっこりはんはいつ消える?ネタの人気がいつまで続くか予想した!」としてお届けいたします。

早速行ってみましょう!ひょっこり(笑)

スポンサーリンク

ひょっこりはんとは

ひょっこりはんは、よしもとクリエイティブエージェンシー所属の芸人さんです。2012年にコンビ芸人「トロフィーズ」として活動した後に解散。ピン芸人としては2016年から活動を開始しています。それから約2年でテレビに出始めたということになりますね。

すごいことにひょっこりはんの最終学歴が「早稲田大学人間学部卒」だそうです。二浪ではありますが(笑)

ひょっこりはんの学生時代は「早稲田大学お笑い工房LUDO」に所属して「幹事長」なる役職にいたそうです。お笑いサークルで幹事長というのもよくわからないですが(笑)

しかもひょっこりはん、意外なことに高校時代にはソフトテニス(軟式テニス)で高校時代はインターハイにも出場したほどの腕前だそうです。あのひょっこりとした表情からは想像がつかないほど、スポーツマンだったんですね。これまた意外です。

2017-2018年にかけての「おもしろ荘」に出演をしたのをきっかけに、ひょっこりはんはブレイクしましたね。

ひょっこりはんはいつ消える?

さて、このひょっこりさん。いつ消えるでしょうか。

いや、ストレートな表現かもしれませんが、ひょっこりと顔を出すネタだけでは、いつ消えてもおかしくないと思うのです。話芸でなく、ひとつの芸だけで生き残った芸人さんは、個人的にはゲッツの「ダンディ坂野」さんしか思い浮かびません。ダンディ坂野さんも「いつ消える?」言われ続けましたが独自路線で長く細く活躍されていらっしゃいますよね。

もちろんテレビに出ていなくても、ひょっこりはん独自の営業活動で地方まわりやイベントに出ることで稼ぐことはできるとは思うのですが、それもバリエーションが増えないと「いつ消えるの?」という話題で持ちきりになりそうです。

個人的には、もって2018年の上期いっぱいで消えるのでははないかと思います。最近は「流行廃り」が激しいですから、飽きられたら一瞬だと思います。

そもそもネタは面白いのか?

そもそも論ですが、ネタが面白いのでしょうか。何かの陰に隠れて「ひょっこり顔を出す」というネタです。ひょっこりはん自体の顔や髪型がユニークということがあるから「面白い!」と感じるかもしれませんが、それに慣れてしまったらネタは終わりではないでしょうか。

そして、今の人気は乃木坂46の白石麻衣さんや女優さんが真似をすることから、バーターで人気があり「面白い!」と言われるのではないかと思うのです。

そりゃ、アイドルや女優さんがひょっこりはんのネタを真似をしたら「かわいい~~!」「ステキ!」という声は挙がりますよね。そりゃ~アイドルや女優として普段やらないことをやるわけですから。それを見るのは面白いと感じるかもしれませんね。

ネタを作るのは大変ですし、素人が面白いのか面白くないのかを判断するものでもないかもしれませんが・・・。

ごめんなさい、数回動画を観たら面白いとは思えなくなりました(笑)

まとめ

今回は「ひょっこりはんはいつ消える?ネタの人気がいつまで続くか予想した!」としてお届けしました。

個人的な感想で申し訳ないですが、「これは飽きられたら人気が終わるな・・・」というところです。コメントがうまいわけでも、MCができるというタイプでもなさそうですから、長く人気が続くとは思えないのです。

一発屋でも当たるだけ凄い!という意見もあるかと思いますが、それもひとつの正解だと思います。一度たりとも日の目を見ず、消えざるを得ない人もいますからね。

ひょこりはんも、テレビや週刊誌などで取り上げられただけでも、十分立派なことだと思うし、努力してきた証だとは思います。

でも、ごめんなさい!

やっぱり面白いな~とは思えないのです(笑)

以上、「ひょっこりはんはいつ消える?ネタの人気がいつまで続くか予想した!」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク