こんにちは、小法師です!

今年も日本テレビ系の24時間テレビの季節が近づいてきました。ここ数年は、「本当にチャリティなの?」「参加者がギャラをもらってどうするの?」というような声が聞こえてきますが、なんだかんだ続いている番組ですね。

24時間テレビの名物といえば、マラソンかと思います。毎回「ランナーは誰になるの」なんて声が聞こえてきますし、話題にもなりますね。

2018年は日本テレビ「イッテQ」の番組内で発表されることになりますが、いったい誰になるのでしょうか。また、マラソンの距離はどうなるのでしょうか。

そこで今回は「24時間テレビ2018のマラソンランナーは誰?距離はどれくらい?」としてお届けしたいと思います。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

24時間テレビとは?

24時間テレビは日本テレビ系で放映されているチャリティ番組です。1978年から始まっていますので、2018年には40回目を迎える長寿番組です。

寄付を募ったり、障害をお持ちの方と登山をしたり、海を泳いだりして、応援する企画であったり、その年ごとのテーマに沿ったドラマが放映されたりします。

寄付では介護施設に車いす付きの車を寄付するなど、色々とお役になっている反面、24時間テレビに登場される芸能人にギャラを渡しているのではということで、それも大きく取り上げられていることが多くあります。

24時間テレビの中でなによりも話題となるのが、今回のテーマでもあります「マラソン」ですね。

今までも様々な方がマラソンランナーとして活躍されてきました。間寛平さん、ダチョウ倶楽部さん、萩本欽一さん、ブルゾンちえみさんなどなど・・・。

2017年はブルゾンちえみさんがランナーでしたが、当日まで発表されていなかったということで、そのやり方についても色々な意見がありましたね。

距離も様々で100キロであったり70キロや90キロなどなど。ランナーによって距離が決められているようです。間寛平さんが走られていたころに100キロが「当たり前」でしたから、「24時間テレビのマラソン=100キロ」という図式が出来上がっているようにも考えられます。

24時間テレビ2018のマラソンランナー

マラソンランナーはANZEN漫才の「みやぞん」さんに決定です!

2018年6月3日放送の「イッテQ」において発表されました。「イッテQ」メンバーの中から選ばれることになったようで、出川哲郎さんから発表されました。

みやぞんさんと言えば、イッテQの中でも身体を張った内容のものが多くありますが、そのなかでも運動神経の良さを時折見せてくれます。

趣味が野球で、キックボクシングの経験者でもあるそうです。パンチ力が223キロもあるとのことで、これは凄いことですよね。

中学生の頃にはテニスをしていて、出身地である東京都足立区の大会で2位になったことも。野球についても中学時代に高校からスカウトがあったそうです。テニス部にいたはずですが、テニス部の練習場に入ってきた野球のボールを投げ返した姿を高校のスカウトが見ていたそうで、一目ぼれしたようです。

運動に関しては天性の才能があったのでしょうね。

ですから、マラソンランナーになったとしても、活躍してくれるのではないかと思います。いつも明るく笑顔のみやぞんさんですから、必ず放送時間内にゴールをしてくれるのではないかと思いますし、そうなるように期待したいですね!

24時間テレビ2018のマラソンの距離

今年は「トライアスロン形式」という新しい形式での挑戦だそうです。

マラソン・水泳・自転車の3つの形式でゴールを目指すことになりますが、まだ距離の発表はされていません。マラソンだけでもかなりの距離になると思うのですが、そこに水泳と自転車が合わさるとなると、さらに長い距離になると思われます。

それを24時間かけて行うわけですからね、体調管理をしっかりと行って、臨んでもらいたいですね。生放送で行われるはずですから、これで怪我をしたり救急車で運ばれるようなことが起きたら、大事になってしまいます。

スタッフにも注意を払って行ってもらいたいですね。

まとめ

今回は「24時間テレビ2018のマラソンランナーは誰?距離はどれくらい?」としてお届けしました。

ランナーは「みやぞん」さんで、走る距離は発表されていませんが「トライアスロン形式」になるとのこと。

真夏の暑い中を走ることになりますから、例え運動神経の良いみやぞんさんであっても、休憩をはさみながらまとめて行ってもらいたいなって思います。

賛否両論ある24時間テレビのマラソンですが、これを観て感動する方や「頑張ろう!」と思う方がいるのも確かです。みやぞんさんの頑張りに期待したいと思います!

以上「24時間テレビ2018のマラソンランナーは誰?距離はどれくらい?」としてお届けしました。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク