こんにちは、小法師です!

友人と夏の楽しみについて話をしていました。海水浴や山登り、バーベキューなんてのもいいねぇなんて話をしていたら、ある友人が「ひまわり畑っていいよ、黄色いひまわりが一面に咲いてね。見頃の時期は最高だよ!」なんてことを。

どこのひまわり畑に行ったのか聞いたところ、神奈川県座間市にある「座間ひまわり畑」というところだそうです。なんでも約45万本ものひまわりが咲き、それは関東最大級のものだそうですよ。

「これは気になる・・・」ということで、最高の時期である見頃の期間がどれくらいかなど、調べてみました。

題して「座間ひまわり畑2019の見頃はいつからいつまで?開花状況に混雑予想も!」となります。

早速行ってみましょう!



座間ひまわり畑の見頃はいつからいつまで?

座間ひまわり畑ですが、見頃はいつからいつまでとなるのか、気になるところです。結論としては「ひまわりまつり開催期間中が見頃」となります。「ひまわりまつり」の開催にあわせて、ひまわりが見頃を迎えるように準備をしています。

■ひまわりまつり開催期間
2019年8月10日(土)~14日(水)9時30分~16時まで

この期間がひまわりの見頃となりますが、「ひまわりまつり」が終わった途端に一斉に枯れだすということはありませんから、見頃は少しずつ過ぎてしまいますが、そのあと1週間くらいは楽しめると思いますよ。

こちらは2017年8月17日にtweetされたものです。お盆休みが終わったあたりから少しずつ枯れ始めていくのを教えてくれていますね。

ひまわりまつりが一カ所に集約されます!

例年、ひまわりまつりが2カ所の会場で開催。2カ所で時期をずらしてひまわりの見頃を長く楽しめるように7月上旬から8中旬まで開催していましたが、2019年から運用が変わります!

「座間市ひまわりまつり実行委員会」の発表によると2019年から座間会場一カ所に集約されるとのこと。

詳細な理由の発表はありませんでしたが、一カ所に運営を集中することで安全性も高まり、観光に来られる方は安心して楽しめると思いますよ!

そんな一カ所での開催となった「ひまわりまつり」の開催期間等はつぎのとおりです。

■開催期間
2019年8月10日(土)~14日(水)9時30分~16時まで■開催場所
神奈川県座間市座間(座架依橋付近)

■アクセス方法
◇バス
小田急線「相武台前駅」から「ひまわりまつり会場」行き直行バスに乗車◇徒歩
JR相模線「相武台下駅」から徒歩約15分◇車
圏央道「圏央厚木インターチェンジ」から約10分
東名高速道路「横浜町田インターチェンジ」から約30分

■駐車場
座間市相模川グラウンド 500台駐車可能
※ひまわりまつりのための臨時駐車場です。

■駐車場料金
普通車500円

「座間ひまわり畑」の地図はこちらです!

 

あっさりと「栗原会場でのひまわりまつりは無くなりました」とありますね。でも「ひまわりまつり」自体が継続されるのは嬉しい限りですね!




座間ひまわり畑の開花状況!

記事を書いている2019年6月5日の段階では、公式サイトに開花状況はアップされておりませんでした。今後、開花状況に関する情報がアップされましたら、順次こちらに掲載していきたいと思います。

「どうしても気になる!」という方は座間市が「開花情報テレホンサービス」を開設しているので、そちらを利用してみるのもいいですよ!

■開花情報テレホンサービス:046-205-6522

ぜひこちらでも開花状況をチェックしてみてくださいね!

こちらのtweetは2018年の座間ひまわり畑の開花状況ですね。2018年8月6日にはひまわりが咲き始めたとのことです。ちょうどひまわりまつりが開催される5日前に開花し始めたようですね。2019年の開花について目安になるのではないでしょうか。参考にしてみてくださいね!

座間ひまわり畑の混雑予想

かながわの花の名所100選」にも選ばれるくらい有名になった座間ひまわり畑。今では多くの観光客が訪れるようになりましたが、混雑はするのでしょうか。

結論は「混雑します」となります。調べたところ、車で来られる方は特に注意が必要です。この「ひまわりまつり」のために、普段は設置されない「臨時駐車場」が「相模川グランド」設置されるのですが、お昼過ぎから駐車待ちをするくらい混雑するという情報もありました。

おそらく1日のうち花が勢いづくのがお昼頃になるため、その時間帯を目がけて観光客が来場されるからだと推測されます。

そのため、観光をするのならオススメの時間帯は朝~昼にかけてとなりますね。おおむね11時くらいまでが目安かと思われます。

 

2018年のTwitterによれば、「9時30分の段階では臨時駐車場は空きがあったよ~」との情報が。

 

でも、2017年のTwitterになりますが14時頃になると、臨時駐車場でも駐車待ちがはじまるとの情報がありました。混雑してきますね!




座間ひまわり畑が始まったきっかけ

「座間ひまわり畑」が始まったきっかけですが、神奈川県座間市にあまった農地が多くあったそうです。このままだと荒れてしまうので、市の花である「ひまわり」を植えて栽培がはじまったのがきっかっけです。それが1993年のこと。

座間会場は約4.7ヘクタールの敷地に、約45万本ものひまわりが咲き誇り、多くの観光客が訪れるようになりました。それに「かながわの花の名所100選」にも選ばれるくらい有名なひまわり畑になりました!

2019年からひまわりまつりの会場は1カ所になってしまいますが、十分すぎるほど楽しめると思います!

 

「はい!行きたいです!」と手を挙げてしまうようになるtweetですね!

東京ドームと同じくらいの広さ!

4.5ヘクタールというと、その大きさはどれくらいなのでしょうか。東京ドームが4.7ヘクタールですから、それと同じくらいの広さがあるんですね!

東京ドーム、外観だけ見てもとても大きいですね。座間ひまわり畑ってこれよりも広いのか~

まとめ

今回は「座間ひまわり畑2019の見頃はいつからいつまで?開花状況に混雑予想も!」をお届けしました。

1993年から始まったひまわりプロジェクト。少しずつひまわりの花が咲き始め、その結果約55万本ものひまわりが咲くようになりました。

2018年までは2カ所で行われていた「ひまわりまつり」が2019年から座間会場1カ所での開催となりますが、ひまわりの本数は約45万本と雄大な景色が広がるのは変わりません。

「ひまわりまつり」期間中に設けられる臨時駐車場に止める際は混雑が十分予想されます。特にお昼過ぎからは混雑が増してきますから、早朝に行くなどをオススメします。安全には十分ご注意くださいね!公共交通機関を使うのもいいですね!

ひまわりが咲く時期は、熱中症の危険性がとても高まる時期でもあります。無理はせずに、水分補給など熱中症対策を万全にして楽しんでくださいね!

以上「座間のひまわり畑2019の見頃はいつからいつまで?開花状況に混雑予想も!」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m