こんにちは、小法師です!

千葉県にある房総半島。観光地としても有名です。

春のお花のシーズンに合わせて、桜や菜の花など様々な花が観光客を楽しませてくれます。春が終わり梅雨の季節になれば、「あじさい」も至る所に咲いてくれます。

シーズンごとに様々な花模様を私たちに見せてくれる房総半島ですが、あじさいの名所と言われているところがあります。

そこが勝浦にある「花野辺の里」です。花野辺の里は四季折々、季節ごとに様々な花が咲き乱れるのですが、今回は、あじさいについてお届けしたいなと思います。

題して、「花野辺の里のあじさい2018の見頃や開花予想!混雑はするの?」としてお届けしますね。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

花野辺の里とは

※画像引用:http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/7673

花野辺の里は千葉県勝浦市に2005年にできた四季折々の花と露天風呂が楽しめる施設です。

雛人形館なんてのがあり、それ以外にも庭園露天風呂、里山散策や花めぐりに七福神めぐりというようなものが楽しめます。

なんだか、「一粒で二度おいしい」というわけではありませんが、花野辺の里に行けば花を見るだけでなく、帰りにちょっと露天風呂に入ってリラックス~!というのもいいですね(^-^)

約3万坪の広さがあり、様々な花が植えてあります。今回はその中でもあじさいについて紹介をしていきますね。

◇名称:花野辺の里(はなのべのさと)

◇住所:千葉県勝浦市串浜1830

◇営業時間:午前9時30分~午後4時30分 ※入園受付は4時まで

◇定休日:不定休

◇アクセス:JR外房線勝浦駅からバス大多喜行き「新田」下車徒歩1分 他

◇地図

花野辺の里のあじさいの見頃や開花予想

花野辺の里のあじさいの見頃や開花予想を見ていきましょう。

あじさいの株数ですが、なんと6万株近くもあるそうです。なんでも日本テレビにも取り上げられ「関東一のあじさい」と放映されたことがあるそうです。

そんなあじさいですが、黒姫・紅・紅額・ブルースカイ・深山八重と様々な種類があるそうです。6万株という数にも驚きましたが、あじさいの種類がこんなにもあるということにとても驚きました!

黒姫というあじさいは早咲きのあじさいに分類されますが、5月下旬が見頃になるようです。

早咲きの見頃が5月下旬ですから、その他のあじさいも含めれば見頃は5月下旬~7月中旬になるのではなないかと思われます。

その点を考え開花予想をすると5月中旬くらいから順次あじさいが咲いていくのではないかな~。見頃が5月下旬ですからね。少し咲き始めたころではなく、満開になったあたりを狙って行ってみましょう!

約2か月間、それぞれの見頃に合わせたあじさいが咲き誇ってとても楽しめそうですね。梅雨の時期は雨や曇り空が多くて気持ちも少し沈みそうになりますよね。そんな時に、あじさいのようなきれいな花が見頃を迎えてくれるというのはありがたいなって思います。自然の凄さに感謝です(笑)

花野辺の里のあじさいは混雑するの?

6万株近くのあじさいが咲き誇る「花野辺の里」ですが、混雑はするのでしょうか?

せっかく来たのに混雑していてt「あじさいを見に来たのか、人を見に来たのかよくわからない!」なんていうのは避けたいですよね。

少し調べてみました。その結果、「混雑することはほぼない」ようです。見頃になれば6万株近くのあじさいが咲き誇るわけですから、「混雑するのではないかな~」なんて思っていたのですが、これは嬉しい誤算でしたね。

ゆっくりとあじさいを見ることができたら、梅雨の時期の鬱陶しさからも解放されてリラックスできそうだな~

まとめ

今回は千葉県勝浦市にある「花野辺の里」のあじさいについて「花野辺の里のあじさい2018の見頃や開花予想!混雑はするの?」と題してお届けしました。

約6万株のあじさいが咲き誇ることになるわけですが、様々な種類のあじさいがあるため早いもので5月下旬からが見頃になります。開花予想とすれば5月中旬くらいから徐々に咲いていくのではないかと思います。

7月中旬くらいまで楽しめるので、梅雨の時期も楽しく過ごせそうです。

混雑することもそれほどないようですから、ゆっくりゆっくり、あじさいを楽しんでくださいね!

以上、「花野辺の里のあじさい2018の見頃や開花予想!混雑はするの?」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク