こんにちは、小法師です!

雨が続き、むしむしとした日が続く梅雨となりましたね。電車に乗ると、スーツを着た汗だくの男性を見かけることがあります。クールビズの時代だから、上着を脱げばいいのにな・・・とも思うのですが、お仕事の関係上、上着を脱ぐことが難しいのでしょうね。

車で営業回りする方の方がその点は有利かもしれませんね。車の中は快適ですし、駐車場でひと眠り・・・なんてこともできますからね。

そんな暑い季節には、汗だくのサラリーマンだけでなく「お祭り」の数も増えてきます。日本には「盆踊り」なんて言葉があるように櫓の周りで音楽に合わせて踊るという風習もありますよね。私、結構好きです(笑)

その年に、東京都内で一番早く盆踊りが行われるのが「靖国神社」の「みたままつり」なんだそうです。

そこで今回は、その靖国神社のみたままつりについてご紹介したいと思います。

題して「靖国神社のみたままつり2019の混雑予想!出店や駐車場の情報も!」となります。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

靖国神社のみたままつりとは

2019年で73回目を迎える靖国神社の「みたままつり」。戦没者を慰めるために1947年・昭和22年に1回目がかいさいされました。

靖国神社の中に数多くの提灯を飾り、それをもって戦没者のみたまを慰めるとのことですよ。この場合、提灯ではなく「献灯(みあかし)」と言うそうですね。

その献灯の数は多い時で3万個にもなるそうです。献灯に自分の名前を入れることができることもあり、政治家や経営者、芸能人といった方々が献灯するというケースもあるようです。大型のもので1灯・12000円で、小型のものだと1灯・3000円とのことですから、興味のある方はぜひ!

このように聞くと、とても尊いお祭りなんだなと感じます。色々な意見や考えがあるわけですが、戦没者の方々がいるということは紛れもない事実なわけですから、その方たちのことを思い、慰めるということがあったもいいのではないかと思います。

さて、靖国神社のみたままつりの概要は次のとおりです。

◇名称
第73回 みたままつり

◇開催期間
2018年7月13日(土)~7月16日(火)

◇開催時間
6:00~21:30

◇開催場所
靖国神社

◇アクセス
JR 飯田橋駅・市ヶ谷駅から徒歩10分
東京メトロ 九段下駅から徒歩5分

◇住所
東京都千代田区九段北3-1-1

イベントも盛りだくさん!

みたままつりではイベントも盛りだくさんです。盆踊りはもちろんのこと、日本舞踊やみこし振り、青森ねぶたなんてのも行われます。

吹奏楽のパレードがあったり、歌手によるコンサートも行われます。ちなみに2018年は「つのだ☆ひろ」さんでした!

みたままつりの混雑予想!

結論ですが、混雑します!

毎年30万人もの方が「みたままつり」に来るとのことです。出店が禁止となっていた時期でも15万人近くの人がみたまたまつりに来るくらいですからね。

それだけ有名なものであり、献灯がきれいなのでしょう。日没のころから献灯に明かりが点き、とてもきれいなんだそうです。

靖国神社も九段下や飯田橋から歩いて行けることから、ある意味、観光コースにもなっているのだろうなと思うのです。

混雑は必須ですから、その覚悟をもって「みたままつり」に参加してくださいね。

みたままつりに出店はでるの?

一時期出店が中止となっておりましたが、2018年から出店が復活するとのことです。

その数は約50店とのことです。未成年の飲酒問題、来日された海外の方とのトラブルなどが問題となって、御霊を慰めるという本来の趣旨がずれてきたことから、出店がでなくなったとのこと。

そんな中の出店復活。

これは嬉しいですよね!お祭りといったら出店がつきものですし、出店がないと盛り上がらないですからね。出店で売られているものを見るだけでもいいし、食べ物を買ってゆっくり過ごすなんてのもいいですよね。

3万個の献灯のもと、マナーやルールを守ってt出店もぜひ楽しんでくださいね!

そうでなければ、また出店が禁止になってしまいます!

駐車場の情報

みたままつりは靖国神社で開催されますが、駐車場は100台ほど準備されています。

普通車で8時から22時まで30分300円と有料の駐車場となっております。開催期間中は駐車場も混雑が予想されます。靖国神社周辺にも若干遠くなりますが、民間企業が設置している有料駐車場もありますので、そちらもご検討ください。

また、夜の遅い時間になれば、駐車場を使えることもありますが、電車などの公共交通機関を利用するのがいいかもしれませんね。

出店も復活することですから、ビールを飲んで楽しみたい!という方は車ではなく、公共交通機関を必ず使ってくださいね!

まとめ

今回は「靖国神社のみたままつり2019の混雑予想!出店や駐車場の情報も!」としてお届けしました。

東京都内でその年に一番最初に盆踊りが行われる靖国神社のみたままつり。戦没者のために開催された、とても尊いお祭りです。

中止となっていた出店が2018年から復活となりますが、過去に出店があった頃は約30万人もの方が「みたままつり」を訪れていたとのことです。出店復活に伴い、混雑するのは覚悟のうえで参加するのが良さそうです。夜遅い時間帯だと、多少空いているかもしれませんけどね。

駐車場の設けてありますが、混雑することが予想されますので、電車やバスなどの公共交通機関を利用されるのをオススメしたいと思います。

以上、「靖国神社のみたままつり2019の混雑予想!出店や駐車場の情報も!」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク