こんにちは、小法師です!

エコブームだからか、最近「マイボトル」を持っている方を多く見かけるように思います。電車の待ち時間、散歩をしている時、公園でくつろいでいる時など、今まではペットボトルから飲み物を飲んでいたようにも思うのですが、自分のバックから「マイボトル」を取り出して、ノドの渇きを潤す。そんな光景を見かけます。

「マイボトル」の利点としては、自分のお気に入りの飲み物をいつでも飲めることや、温かい飲み物を飲めるということが挙げられるのではないでしょうか。私は緑茶が好きなのですが、ほんのり暖かい緑茶を寒いの外で飲むとホッとします。HOTだけに、ホッとね・・・・。

世間には、様々な「マイボトル」が販売されているようですが、美味しく緑茶を飲めるのがないかな~と思い、調べてみました。

その結果「Vitantonio(ビタントニオ)」のツィスティーという商品がありましたので、紹介したいと思います!

題して「ツイスティーの緑茶の使い方と洗い方!口コミ・レビューや評判も!」。

早速行ってみたいと思います!



ツイスティーとは

ツイスティーとは、ビタントニオのマイボトル。

ビタントニオはワッフルベーカやポップコーンメーカーなどで有名なメーカーです。そのビタントニオがつくるツィスティーは「ティーポッドとタンブラーがひとつになった」のキャッチコピーのとおり、急須を使わなくてもお茶が楽しめるそうです。


画像引用:http://www.vitantonio.jp/products/coffee-tea/VTW-10.html

見た目もシンプルでかわいらしいですね。外出先やオフィスで取り出す時にも、シンプルなデザインの方が、背景に溶け込んで目立ちませんからね。ツイスティーは場所を選ばずに使えそうですね。

これが一本あれば、外出先でもオフィスでもお気に入りのお茶が楽しめちゃうんです。

ツィスティーの緑茶の使い方

「急須のいらないマイボトル」とも言われているツイスティーですが、どのような使い方かなと思ったんです。

そのまま緑茶の葉を入れてしまっても飲む時に大変だしなと思ったところ、さすが「ティーポッドとタンブラーがひとつになった」とキャッチコピーが付いているとおり、ボトルの中に急須機能を取り付けているんです。使い方もシンプルでわかりやすいんです。


画像引用:http://www.vitantonio.jp/products/coffee-tea/VTW-10.html

茶葉をいれておけば、お湯を注ぐだけでいつでも自分の好きな緑茶が楽しめますもんね。しかも味の濃さも調整できるので、自分好みの緑茶も作れそうです。

ツイスティーでの緑茶の淹れ方

緑茶の茶葉をツイスティーの中に入れてお湯を注げば、いつでも自分の好きな緑茶を楽しめるわけですが、実際に作っている動画がありましたので、紹介したいと思います。なんだかとてもスタイリッシュで、緑茶を入れる時間も楽しめそうですよ!

ツィスティーの洗い方

緑茶の茶葉をいれるということは、使い終わった後に洗うのが面倒なのかな~と思うんです。それが、そうでもないんです。どういう風に洗うのかなと思うと、パーツの取り外しができるので、「茶こし」の部分を取り外して水洗いをすれば、緑茶の茶葉を残すことなく清潔に保つことができるようですよ。

洗い方が悪いと、茶葉が残ってしまうこともあると思うのですが、ツイスティーならそんなこともなさそうですね。普段使う急須のには、茶こし部分が一体化していて、洗ってもなかなか茶葉がとれないということもあるんですが、こうやって取り外すことができますから、安心ですね!

画像引用:http://www.vitantonio.jp/products/coffee-tea/VTW-10.html

ツイスティーの口コミ・レビューに評判は?

緑茶での使い方や洗い方はシンプルだし、味の濃さも調整できるから、とても便利で楽しめるなと思うんすが、購入した方々はどう思っているんでしょう。

購入された方は、高評価が多いですね。温かい緑茶を飲む時にはとても楽しめそうだな~!

そんなツイスティーですが、こちらでも購入できるみたいですよ!

まとめ

今回は「ツイスティーの緑茶の使い方と洗い方!口コミ・レビューや評判も!」として、急須のいらないマイボトル・ツイスティーを紹介いたしました。

外出する時やオフィスにいる時も、これ1本があれば大好きな緑茶が楽しめそうです。洗い方にもそこまで苦労しそうにないですからね!

ぜひツイスティーでリラックスタイムを楽しんでください!

今回も、お読みくださりありがとうございましたm(__)m