こんにちは、小法師です!

ここ数日、花に囲まれて生活をしております。日本各地の花祭りやイベント情報なども調べているというのもあるんですが、行く先々で花が飾られているのが多く見受けられるようになったんですね。

単純に「目が行くようになった」とだけのことかもしれませんが。思うのは、花がある生活というのは、とてもステキですね。部屋に飾るのもいいし、散歩中たまたま見つけた花もいいですね。

あとは、花のイベントに行ってみるというのも本当にいいものです。桜の季節にある場所で行われた「桜まつり」に行ってきましたが、多くの方が笑顔でお酒を飲みながら桜を楽しんでいました。「日本人ってのは、桜が好きなんだな~」と実感するとともに、「桜というよりも、花そのものが好きなのでは?」と思ったんです。

それから色々な花祭りやイベントを調べるようにもなったのですが、今回は青森県十和田市で花菖蒲のお祭りを見つけましたので、今回はそちらをご紹介したいなと思います。

題して「十和田市鯉艸郷の花菖蒲まつり2019の見頃に開花状況!混雑は?」となります。

早速行ってみましょう!



十和田市鯉艸郷の花菖蒲まつりとは

十和田市の花菖蒲まつり」とだけではわかりませんよね。もう少し説明すると、青森県十和田市にある「手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう)」という場所で行われるイベントの事です。

初めての方が「鯉艸郷」を「りそうきょう」と読むのはなかなか難しいかと思います。私は読めませんでした!

その鯉艸郷は、「体験型のフラワーガーデン」と銘をうっており、花菖蒲以外にも芍薬(しゃくやく)・ルピナス・山野草・クリスマスローズ・ブルーベリーといった植物も有名なんだそうです。「体験型のフラワーガーデン」の通りだなと感心してしまいましたね。凄い数です!

そんな鯉艸郷の花菖蒲まつりの期間には約30,000人もの方が訪れるとのことですから、相当人気のあるお祭りだということがわかりますね。

多くの方が来場される理由もあります。

植えられている花菖蒲の数が約20万株で種類が500種類もあり、しかも、花菖蒲園には向かないものは省くと言ったような活動をされているそうです。管理をしっかりしているという証ですね。

数だけ見ると、そんなにあるんだ!と思わざるを得ませんでした。鯉艸郷だけでもこれだけの数と種類の花菖蒲が植えられていますから、日本全国の花菖蒲を集めたらどれくらいになるんだろうかと(笑)

そんな青森県十和田市にある「鯉艸郷」の花菖蒲まつりの概要は次の通りです。

◇イベント名称
花菖蒲まつり2019

◇開催期間
2018年6月22日(土)~7月15日(月)

◇花菖蒲まつりの営業時間
9時~17時
※花菖蒲まつり期間中です。
「8月~10月は日曜日営業・平日要予約」といったように月によって変わりますのでご注意ください。

◇花菖蒲まつり期間の入場料
高校生以上・600円/小・中学生・250円

◇アクセス
■電車
東北新幹線で七戸十和田駅下車。 タクシーで約17分

■車:
高速・八戸自動車道八戸ICより、国道45号線約45分。
さらに国道4号線 から十和田市官庁街通りへ。そこから約15分で 鯉艸郷

◇住所
青森県十和田市大字深持字鳥ヶ森2-10

鯉艸郷の花菖蒲まつりの見頃と開花状況!

鯉艸郷の花菖蒲まつりですが、見頃はいつごろになるでしょうか。開花状況をチェックしながら、タイミングよく花菖蒲を楽しみたいものですね。

例年であれば、6月下旬~7月上旬にかけてが見頃になるようです。ただ、ここ数年、気温差が激しい日が多くありますので、若干前後することも考えられます。ですので、開花状況はTwitterなどでチェックするのがいいかと思います。

花菖蒲まつりが開催される期間は6月22日~7月15日です。それと見頃を合わせてみると、花菖蒲まつりが始まったころがちょうど見頃で、終わるころには、花菖蒲も少し散りかけているといった状況になると思われます。

鯉艸郷の花菖蒲まつりは混雑するの?

鯉艸郷の花菖蒲まつりには、期間中に約30000人の方が訪れます。約3週間の開催ですから、単純に21日間で割り算をして一日に約1400人の方が訪れるとのことになります(単純に計算した場合ですよ!)。

数字だけ見れば、「結構混雑するのかな?」と思い、調べてみましたが、ひどい混雑はなさそうです。

全く人がいない!ということはないでしょうが、花菖蒲をゆったりと楽しめるくらいの余裕はあるのではないかと思われます。

どこに行ってもそうですが、できれば混雑は避けたいものですよね。かといって、人が全くいないというのも、なんとなく寂しいものではないかと。なんともわがままですが「ほどよい感じ」が良いということでしょうか(笑)

十和田市を楽しもう!

今回ご紹介している青森県十和田市の「手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう)」ですが、気軽に行ける場所か問われれば、ちょっと難しいかなと言う場所にあります。新幹線を降りてからタクシーで17分であったり、車がないと少し不便な場所にあることは否めないのではないかと思います。

そこで提案ですが、「十和田市も一緒に楽しんでみませんか?」ということです。花見をイベントを紹介する時は、宿泊してその地域を楽しむということもオススメしています。

地元の方ならいいのですが、遠くから花だけを見てすぐに帰るというのは、なんとももったいないなと思うのです。十和田市だったら十和田湖という有名な湖もありますから、宿泊すればそちらもゆったりと楽しめますよね。

最近は、楽天トラベルなどで簡単に宿泊先を確保できる時代でもあります。旅行をするのも本当にべんりになりましたね(笑)

十和田市にはこんなホテルがあるようですよ~!

まとめ

今回は「十和田市鯉艸郷の花菖蒲まつり2019の見頃に開花状況!混雑は?」としてお届けしました。

花菖蒲の種類が500種類で数が約20万株でという驚くほどの花菖蒲の風景が広がります。見頃は6月下旬から7月上旬くらいになろうかと思われます。ちょうど、花菖蒲まつりが開催されている期間が見頃を迎えるじきになりそうですが、天候によって開花状況が変動することも十分ありますので、その点は注意が必要ですね。

以上、「十和田市鯉艸郷の花菖蒲まつり2019の見頃に開花状況!混雑は?」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m