こんにちは、小法師です!

5月のメインイベント、ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。

遠足と同じで、始まるまではワクワクだけど、始まるといつもよりスピードが早く感じてあっという間に終わってしまうものです。

会社員だと、金曜日の夜が一番楽しい!というのと同じような感覚でしょうかね。家に帰ってゆっくりとビールを飲んで、「あ~1週間が終わったな~明日は休みだし、ゆっくり起きて・・・」なんてことを考えている時間は、それこそ至福の時かもしれません。

とはいえ、休みの日は有意義に過ごしたいもの。ゆったり過ごしてもいいし、好きな本を家やお気に入りのカフェで読むなんてのもいいですね。

休みだから、昼間からお酒を飲んで騒いじゃう!というのもいいものではないでしょうか。

実は、そんなことを楽しめるイベントが、大阪で開催されるのです。それが「オオサカ(大阪)オクトーバーフェスト」というものです。

そこで今回は、「オオサカ(大阪)オクトーバーフェスト」の紹介も兼ねて「大阪オクトーバーフェスト2018の混雑予想!値段が高いってマジ?」をお伝えできればと思います。

早速行ってみましょう!



オオサカオクトーバーフェストとは

オオサカオクトーバーフェストは大阪府大阪市東住吉区にある「長居公園」で開催されるビールのお祭りです。今2018年で8回目を迎えるそうですよ。

8回も続くとなると毎年楽しみにしている方もいらっしゃるようですね。フェスとなると、色々な事情で数年で終わってしまうこともある中で、8年も続いているのは凄いな~と個人的には思います。

ビールのお祭りだけあって、70種類以上のビールが登場するとのこと。キリン・アサヒ・サッポロというビールメーカーだけでも色々な種類がありますから、ビールの種類が多いのはわかるのですが、70種類以上も登場すると聞くと、結構な種類があるもんだなと思うものです。

今年初登場のビールにはヨーロッパで最大のビールコンペティションで3連覇を達成したものもあるそうですよ。ヨーロッパという広いエリアの中で3連覇もするビールってどんな味なんでしょうね。ホップの味が・・・苦味が・・・フルーティーな・・・と想像すると面白いですね!

なんてことを書きながらも、結局は酔っ払ってしまって味どころではないかもしれません(笑)

70種類以上のビールを味わえるだけでなく、ドイツ名物でありビールの最高のお供であるソーセージやフライドチキンなどのフード類も盛り沢山!

それ以外にも、ステージ上での楽団の演奏や、大阪を代表するサッカー・Jリーグチームのセレッソ大阪の試合をモニターで観戦を楽しむことができちゃいます!

そんなビールも食べ物もイベントも盛り沢山なオオサカオクトーバーフェストの開催期間等は次の通りです。

◇名称
オオサカオクトーバーフェスト2018

◇開催期間
2018年5月18日(金)~6月3日(日)
平日:15:00~21:00(入場は20:30まで)
土日:11:00~21:00(入場は20:30まで)

◇入場料
200円(小学生以下は無料ですが、成人の同伴ですよ!)
※その他飲食費がかかります。

ドイツ民族衣装で来場すれば、入場料が無料になります!

◇場所
大阪府大阪市東住吉区長居公園1(長居公園自由広場で開催)

◇アクセス
地下鉄御堂筋線「長居」下車。3番出口すぐ
JR阪和線「長居」下車。東出口より東へ5分
JR阪和線「鶴ヶ丘」下車。東出口より東南へ5分

そもそもオクトーバーフェストってなに?

オクトーバーフェストってなに?と思われる方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明しますね。

オクトーバーフェストとは。ドイツのミュンヘン市において、毎年9月半ばから10月上旬にかけて行われるビールの祭典。ミュンヘン市内には6つのビール醸造会社があるそうですが、それらが運営するテナントがあるだけでなく、様々な食べ物や物販のお店などが並び、音楽イベントなどが行われます。

来場者数も凄い時には国内外から690万人もミュンヘン市に訪れて、消費されるビールの量が750万リットルにも及んだそうです。。。。消費量を見ただけで、酔っ払ってきちゃいました(笑)

まぁ、簡単に言ってしまえば「飲んで歌って騒いじゃえ!」ってな感じです(笑)

オオサカオクトーバーフェスト2018の混雑予想!

大阪府大阪市の「長居公園」で開催されるオオサカオクトーバーフェストですが、どれだけ混雑するのでしょうか。

過去の混雑具合を調べてみたところ平日で2,000人、土日で6000人くらいの来場者があるそうです。平日の昼間は、それほど混雑することもないようですが、土日となると、混雑を覚悟して遊びに行く必要がありそうです。

おそらく多くの方は、土日に遊びに行かれると思います。その場合は混雑を少しでも避けるために、開場したばかりの早めの時間帯に行くことをオススメします。ただ、早めに行き過ぎてベロンベロンにならないように注意してくださいね(笑)

平日休みであれば、混雑は少なめですから、昼間からブワ~~!!っとビールを楽しんじゃいましょう!(ただし、飲みすぎ注意です!)

オオサカオクトーバーフェストって値段が高いの?

70種類以上のビールやドイツ料理を楽しめるオオサカオクトーバーフェストですが、もちろんそれらを味わうにはお金がかかります。

入場料は200円と値段は高くありませんが、肝心のビールやソーセージなどの値段はどうでしょうか。「高いのでは?」なんて話もあるようですが、ちょっと調べてみました。

ビールは1000円以上

ビールを購入する時は、まずはグラスを1,000円で購入することになります。これはデポジット制でありますので、グラスを返却すれば1,000円は手元に戻ってきます。

様々な銘柄のビールがありますが、300ミリで1,000円以上するものがほとんどです。正直、ちょっと高いな~というのが本音です。コンビニで350ミリのビールを買ったとしても、2~300円程度かと思います。それを基準にすると、3倍以上の値段ですからね。高いと感じてしまうかと思います。

食べ物は400円以上

食べ物に関しては400円スタートで、600円・800円くらいのものが多いようです。ビールに合うソーセージは、800円スタートのものがほとんでどですね。

ビール1杯にソーセージ1皿で1800円。

う~ん・・・やはり高いですね~

まぁ、場所代や音楽イベントにサッカーの試合を見られる思って、楽しみましょうか!

まとめ

今回は「大阪オクトーバーフェスト2018の混雑予想!値段が高いってマジ?」としてお届けしました。

2018年で8回目にオオサカ(大阪)オクトーバーフェストです。ドイツのミュンヘン市で行われるオクトーバーフェストの日本版ですね。ビールを飲んで、美味しいものをいただいて、音楽聞いてワイワイやっちゃいましょう!というイベントです(笑)

平日はそれほどの混雑ではないですが、土日の混雑は否めません。土日に遊びに行くのであれば、開場したころを見計らって遊びに行きましょう!

ただ、少しお値段が高いかと思われる設定ですので、財布には余裕を持って行きましょうね(笑)

以上、「大阪オクトーバーフェスト2018の混雑予想!値段が高いってマジ?」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m