こんにちは、小法師です!

今回は、福井県南条郡南越前町にある「花はす公園」の「はすまつり」についてお届けします。

こちらは日本有数の花はすの産地なんです。南越前町の花はすは生産量が豊富で、全国生産量のうち、なんと6割を占めているそうです。そこで開催されている「はすまつり」がどれくらいのものなのか、見頃がいつまでつづくのかなどお届けできたらと思います。

題して「花はす公園2019の見頃はいつまで?開花情報に満開予想も!」となります。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

花はす公園のはすまつり

「花はす公園」で開催される「はすまつり」は2019年で27回目を迎える、歴史のある祭りです。歴史だけでなく、人気もあり期間を通して30,000人もの方が遊びに来られるとのことです。

蓮の種類も豊富で、約130種類もの蓮の花が楽しめます。そんなに種類があったんだ~と正直驚きました!

□「はすまつり」開催期間
2019年6月29日(土)~8月12日(月・祝日)

はすまつりではイベントが盛りだくさん!

はすまつり期間中には色々なイベントが開催されます。一例を挙げますと・・・

・象鼻杯(ぞうびはい)
・はす染め体験
・ぐう紙作り体験
・ステンドグラス作り体験

これ以外にも早朝の写真撮影会というのもあります。蓮の花は早朝に咲いて、昼には閉じてしまいますからね。写真を楽しむ方は早朝に足を運んでくださいね。眠い目もきっと覚めると思いますよ!

象鼻杯(ぞうびはい)って?

蓮の花の茎部分をストローのようにして飲み物を飲むことです。その姿が象の鼻のように見えるから名付けられたそうですよ。面白いことを考える人もいるもんですね!

はすソフトクリームが名物

花はす公園には、「はすソフトクリーム」が売られており人気があります。甘さ控えめなのが特徴のようですね。日差しが強い中で楽しむ時には、必須のスイーツかと思います!

花はすの見頃はいつまで?

花はすの見頃は7月~8月頃となります。ですので、見頃がいつまでになるかと問われれば、は8月末までとなりますね。

6月下旬~7月初旬はつぼみの状態になっているのが若干あるかもしれません。ですので、7月中頃を目安にしていただくと、より見頃を迎えた蓮を楽しむことができると思われます。

蓮の花は、早朝にきれいな花を咲かせて昼には閉じてくるのが特徴のひとつでもありますから、見頃の状態を観るのであれば、ぜひ早朝に花はす公園に行ってみるようにしてくださいね。

もうひとつ特徴的なものとして、「晴れの日よりも曇りの日の方が長く咲いている」というのがあります。暑さを避けるという目的があるのであれば、曇りの日に行ってみると見頃の花はすをより一層楽しめるのではないでしょうか。

花はすの開花情報

例年ですと6月下旬ころに蓮の開花が始まります。2018年の開花情報だと6月21日に「小三色」という種類の花が開花したという開花情報があります。今年もそのくらいの時期が開花の目安になると思われます。

開花情報については、こちらでも確認ができ次第お知らせしていきますね。

花はすの満開予想

満開予想は7月中旬から8月中旬にかけてとなります。見頃は7月上旬から8月下旬で、8月下旬にはしぼんでいきますから満開の時期を楽しむのであれば、7月中旬以降を狙うのがいいと思われます。

花はす公園の駐車場

花はす公園には車200台が止めることができる駐車場があります。

ちなみに名物の「はすソフトクリーム」は駐車場近くで販売しております。おいしくて2つも食べてしまう方がいるようですから、ご注意を(笑)

花はす公園の基本情報

花はす公園の基本情報をお伝えしますね。

□名称:花はす公園

□住所:福井県南条郡南越前町中小屋64-41

□開園時間:入園自由 ※24時間開いています。

□料金:「はすまつり」期間中は清掃協力金として200円

□交通:電車/JR北陸本線 南条駅から車で7分
    車/北陸自動車道の南条スマートICから約5分

□駐車場:あり(200台)

□地図

まとめ

今回は「花はす公園2019の見頃はいつまで?開花情報に満開予想も!」としてお届けしました。

2019年で27回目を迎えた「はなはす祭り」。地域に愛されているお祭りだなと感じました。ちょうど暑い日が続く時期に見頃を迎えますから、熱中症対策を忘れずに行ってくださいね。早朝の比較的涼しい時間帯に見に行くというのもひとつの手かと思います。

駐車場近くにある「はすソフトクリーム」はぜひご賞味くださいね!

そして、数多くの花はすが咲きほこる景色、どうぞ楽しんでください!

以上「花はす公園2019の見頃はいつまで?開花情報に満開予想も!」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク