こんにちは、小法師です!

ビールが美味しい季節が近づいてまいりました。

「私は毎日ビールが美味しい!」なんて方もいらっしゃるとは思いますが、ビールを楽しむ時にはつまみが重要ですよね。

つまみとはちょっと違うけど、食事と一緒にビールを飲むというのも、とても美味しいものです。少し脂っこいものの方が、ビールには合う気がしますね。脂っぽさをビールの炭酸と苦味で流してくれるといえばいいのでしょうか。

そう、この記事を書いている時にもビールが飲みたくなってきてしまうわけですが(笑)、そんなことを考えていると、面白いイベントがあることを思い出しました!

それは、大阪で開催される「餃子フェス」です!

フェスですからね、餃子まみれになるのではないかということで、少し調べてみました!

題して、「餃子フェス2018大阪の混雑予想!値段が高いって本当?」です。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

餃子フェス大阪とは

餃子フェス大阪は昨年のゴールデンウィーク・5日間で約20万人も集客したという大型の食イベントです!

そんな餃子フェス大阪が2017年に引き続き2018年も開催が決定!

凄く簡単に考えますが、20万人の方が餃子を頬張ったというすると、20万個の餃子が消費されたということですね。

先日発表されましたが、2017年の餃子日本一が宇都宮市になったそうですが、この消費量を聞いて、どう思うか宇都宮市民に質問してみたいです(笑)

毎年餃子日本一についてがニュースになるくらい日本ではメジャーで愛されている餃子のフェスが大阪で開催されることになったわけです。

◇名称:餃子フェスOSAKA
◇期間:2018年5月2日(水)〜5月6日(日)
◇時間:10:00~20:00(5月2日のみ、14:00~20:00)
◇場所:大阪城公園 太陽の広場

◇交通:JR大阪環状線 大阪城公園駅から徒歩3分
地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅から徒歩6分
地下鉄中央線 森ノ宮駅から徒歩9分
◇費用:入場無料 ※購入には費用がかかります。

餃子フェス2018大阪の混雑予想!

昨年のゴールデンウィークの5日間だけでも約20万人が集まったと言われています。単純に1日で4万人もの人が東京の餃子フェスに参加したということになります。

いや、4万は凄い数ですね!この数字だけでみれば混雑予想をせずとも、混雑は確定っぽいですね(汗)

過去に開催された餃子フェスの情報を調べてみたのですが、やはり混雑は避けられそうにはありません。日本人、餃子大好きですからね(笑)

それに、ゴールデンウィーク中ということもあり、混雑に拍車をかけるようです。

こうなってしまうと混雑予想も何もないかもしれません・・・

混雑緩和の秘密兵器

「ゴールデンウィークの開催だし、混雑するよね~」と諦めてはありません。主催者もその点はしっかりと解決策を準備されておりました!

混雑緩和の秘密兵器として、ファストチケットというものを昨年続いて準備をしております。

「ファストチケット・・・ディズニーのファストパスと似てるな」と思われた方、まさにその通りです。

「行列には並びたくないけど餃子食べたい!」という方は、このファストパスを購入してスムーズに気になる餃子を食べちゃいましょう!

ちなみに、費用については次の通りです。

◇食券1枚:600円

◇食券5枚セット:3,000円

◇食券4枚+ファストチケット1枚:2,900円

◇ファストチケット1枚:500円

餃子フェスでは、現金ではなく食券で餃子を購入することになりますが、交通系ICカードの利用も一部ではできます。ただし、チャージができないので、事前にチャージをしておきましょう!現金を持ち歩かなくて済むのはありがたいですよね。ただし、交通系ICカードを無くさないようには注意しましょう(笑)

事前準備をしておけば、多少は混雑回避ができそうです!

ファストパスですが、昨年はローチケで販売していたようです。今年も要チェックですね!

餃子フェス2018大阪は値段が高い?

餃子フェスで販売される餃子、肝心の値段はどうでしょうか。高いというお話もあるようですが、これも少し調べてみました。

基本的には食券1枚あたり600円で販売されています。

ということは一皿あたり600円という風にも考えられますね。。。と思ったら、まさにその通りでした。全店600円だそうです。

「餃子の王将」という中華料理屋があります。もしかするとあなたのお住まいの近くにもあるかもしれません。

この「餃子の王将」の餃子の値段は「6個で220円」です。

これが全ての基準というわけではありませんが、餃子フェスの餃子の値段は高いと感じてしまう値段設定ですね。約3倍ですからね。普通の感覚であれば高いと思ってしまうと思います。

餃子は民衆の味になっていますからね、高いよりも安い方が嬉しいですよね。

餃子の値段は高いのか?と視点を変えてみる

確かに一皿600円というのは強めの価格設定だな~と思います。

ただ、少し視点を変えてみたいと思います。餃子フェスに集まる店舗は、世間一般で言う「有名店」が多いです。となると、そのお店に足を運び餃子を食べ、また違うお店に行って餃子を食べる、という手間を考えると、高いと感じる値段も「手ごろな値段」となるのではないでしょうか。

移動するのにも交通費がかかりますからね。その分を差し引いてみれば高いと感じた餃子も、少しは違って見えてくるかもしれません。

まとめ

今回は「餃子フェス2018大阪の混雑予想!値段が高いって本当?」としてお届けしました。

餃子大好きな方、多いですからね。こういうフェスがあると嬉しいのではないかと思います。しかしながら、ゴールデンウィーク中の開催ということもあり、混雑することは十分考えられます。

その混雑を多少でも解消するために「ファストチケット」が500円で販売されますので、うまく活用してみましょう!

一皿600円という、高いと感じる値段設定かもしれませんが、「餃子フェス価格」と思って、その場に集まる餃子屋さんの味を楽しんじゃいましょう!

というわけで、「餃子フェス2018大阪の混雑予想!値段が高いって本当?」でした!

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク