こんにちは、小法師です!

オリンピックやW杯などの影響もあって、フィギアスケートの人気が凄いですね。記憶が新しい所で言えば、ピョンチャンオリンピックで羽生結弦選手が金メダルを手に入れたこと。しかも66年ぶりに2大会連続での金メダルということで、大きな感動を生みましたね。

羽生結弦選手だけでなく宇野昌磨選手も銀メダルで金銀を日本人が独占しましたね。

女子なら宮原知子選手に坂本香織選手など、フィギアスケートの世界にニューヒロインが誕生しつつあります。これは、浅田真央さんや織田信成さん達の大活躍が大きいのではないかな~って思います。

もう引退されてしまいましたけど、時折アイスショーなどで活躍されてますよね。アイスショーと言えば、あのディズニーも取り組んでいますね。「ディズニーオンアイス」と称して毎年アイスショーを行っています。

今年も「ディズニーオンアイス」は開催されるのですが、気になるのはチケットが手に入るかにどうか。フィギアスケートの人気とディズニーの人気が相まって、チケットを手に入れるのが難しいのではないかと・・・。

そこで今回は、「ディズニーオンアイス2018のチケット当選倍率を予想してみた!」としてお届けします!

スポンサーリンク

ディズニーオンアイスとは

ディズニーオンアイスとは1981年に世界で初公開された氷上のエンターテイメント。もう35年以上も続いている歴史のあるイベントですね。日本には1986年に上陸したそうですよ。その時の主役が、なんとミッキーマウスではなくドナルドだったとのことで、正直驚きました。タイトルが「ハッピーバースデー・ドナルド」だそうです。さすがのミッキーマウスも、こういう場では主役の場を譲ったのかな(笑)

1986年に日本に上陸して以来、毎年様々な都市で行われています。2018年はどこで行われるか見ていきましょう

ディズニーオンアイス2018の開催都市

ディズニーオンアイス2018は記念すべき年になるようです。なぜなら、2018年がミッキーマウスがスクリーンにデビューして90年の節目。これを記念したアイスショーが行われます。

開催都市と日程は次の通りです。7月~9月の間で、10都市で開催されますね。ひとつの都市で開催される日数が名古屋での9日間を除けば、おおむね3日程度で終了してしまいます。ですから、あなたが行きたいと思った公演のチケットは早めに手に入れた方がよさそうですね。

公演地 開催期間 場所
仙台 7月6日(金)~8日(日) 利府町 グランディ・21
東京 7月13日(金)~16日(月・祝) 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
名古屋 7月21日(土)~29日(日) 日本ガイシホール
大阪 8月4日(土)~12日(日) 大阪城ホール
横浜 8月16日(木)~20日(月) 横浜アリーナ
福岡 8月24日(金)~26日(日) マリンメッセ福岡
広島 8月31日(金)~9月2日(日) 広島グリーンアリーナ
9月7日(金)~9日(日) 津市産業・スポーツセンター サオリーナ
埼玉 9月15日(土)~17日(月・祝) さいたまスーパーアリーナ
高松 9月20日(木)~24日(月・祝) サンメッセ香川

ディズニーオンアイス2018のチケット当選倍率は?

全国10都市で開催されるディズニーオンアイス2018ですが、肝心のチケットは手に入れられるのでしょうか。チケット当選倍率はどれほどなのでしょうか。

色々と調べた結果、当日券でも購入ができることがあるくらいで、それほど当選倍率は高くないようです。正確な当選倍率はあっぷされていませんが、正直意外でした。フィギアスケートとディズニーという、いわば最強のペアではないかと思うくらいなのですが・・・

しかしながら、油断は禁物。席を必ず確保したいのであれば、予約はしておいた方が確実ですね。特に、東京や名古屋、横浜など大きな都市については、注意が必要です。当日券でも買えるだろうと思って、会場まで足を運んだのにも関わらず、チケットが売り切れ!なんてこともあるかもしれません。

まとめ

今回は「ディズニーオンアイス2018のチケット当選倍率を予想してみた!」としてチケットの当選倍率を予想してみました。このイベントの過去を調べる限りでは、当日券でチケットを購入できるケースもあるくらいですから、それほど当選倍率が高いとは言えないかもしれません。

しかしながら、予約はしておきましょう。ディズニーオンアイスを楽しみたいなら、当日券よりも予約をしておきましょう。チケットとともに、「チケットは手元にある!」という安心感を抱くことができますからね。

というわけで、「ディズニーオンアイス2018のチケット当選倍率を予想してみた!」をお届けいたしました。今回もお読みくださり、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク