こんにちは、小法師です!

2018年4月21日の早朝。

凄いニュースが飛び込んできましたね。北朝鮮が核実験とICBM(核弾頭ミサイル)の発射実験をストップするとの北朝鮮のメディアが発表をしました。

これが本当ならば、各国との緊張関係もほぐれていくのかなと思うのです、今までの言動がありますからね。ネット上では様々な反応が見られました。

「北朝鮮の核実験中止・廃止は実践配備への準備?騙されるなとの声も」として記事を書いていこうかなと思います。



北朝鮮の核実験中止・廃止は実践配備への準備?

核実験を中止する・廃止するということは、それは実践配備の準備が整ったという意味ではないかという声がありました。北朝鮮が今までと違う態度をとればとるほど、信頼できないよ!と思う方も圧倒的に多いと思います。

中止しますよ~廃止しますよ~と言えば、緊張関係だったアメリカや日本などは「お?少しはまともになったのかな?」なんて気持ちになるやもしれません。

 

ピョンチャンオリンピックの頃から、なんとなく和平に向けて北朝鮮がアピールを始めているなと個人的には感じていました。トランプ大統領との面談も間近と言われるくらいですからね。

そうすれば、経済制裁も解除されて再び外貨を獲得・流入してくるということにもつながるかもしれませんよね。北朝鮮はそれが狙いなのではないかとも思うのです。

核実験がなくなり、実験場もなくなれば安心感はあるかもしれません。言葉だけを見てしまえば「今は廃止にするけど、今後は未定だよ」という風にも捉えられると思うのです。うがった見方かもしれませんが。

実験場が無くなっただけですし、また他の場所に作る可能性だって十分ある。ICBMの実験をしなくなっただけで、ミサイルを廃棄すると決まったわけでもありません。ネット上にあるように、必要なミサイルの実践配備の準備ができたと解釈する人がいてもおかしくないな~なんて思ったんですよね。

しかしながら、今までが今まででしたから、そうは問屋が卸さないとは思いますが。。。

北朝鮮の核実験中止・廃止「騙されるな」との声も

今まで色々な約束を当たり前のように破ってきた北朝鮮。今回の核実験の中止・廃止について「騙されるな」と思う方も多くいると思います。実戦配備に向けての第一歩かもしれませんよね。

韓国は今回の件を「意味ある進展」と発表をしたようですけども、私個人もやっぱり「安心してはいけないな~」なんて思ってしまうのです。

戦争はしちゃいけないし、平和を望みたいです。だから北朝鮮の発表を歓迎したいとも思いますが、まだまだ注意が必要だと思います。

「騙されるな」との声もあるように、本当に核実験が中止されICBMも廃止されるなどが証明できた時に、初めて北朝鮮のことを少し信じてもいいのではないかな~なんて考えてしまいますよね。

だから、それまでは経済制裁を完全に解除してはいけないと思うし、進捗を見守る必要はあるのではないかなって思います。

まとめ

今回は「北朝鮮の核実験中止・廃止は実践配備への準備?騙されるなとの声も」としてお届けしました。北朝鮮が核実験とICBM(核弾頭ミサイル)の発射実験をストップとの報道もありましたが、まだまだ信頼はできない段階ではないかと思います。

核実験中止・廃止は、実戦配備に向けての準備ではないかという声もネット上にはありました。これがそうならないように平和に向かって行ってもらいたいと思います。

その反面、「騙されるな」との声もあるように、北朝鮮がこれからどう動くのか、まだまだ注視していく必要があると思われます。

以上「北朝鮮の核実験中止・廃止は実践配備への準備?騙されるなとの声も」となります。

お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m