こんにちは、小法師です!

最近のことですが、「世の中には、こんなにもかわいいと言える動物がいるんだな・・・」という動物に出会ってしまいました。初めて見た時に一目ぼれしてしまいました。あのかわいらしい笑顔・・・動物でもこんなにかわいい笑顔をするんだ・・・そう思ったのです。

子犬でも子猫でもない、その名は「クアッカワラビー」。

ぜひあなたにも紹介をしたくて、この記事を書いています。そこで、今回は「クアッカワラビーの笑顔に会える場所!動物園や生息地を調べてみた!」としてお届けいたします!

スポンサーリンク

クアッカワラビーって?生息地はどこ?

画像引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8a/Setonix_brachyurus.jpg

クアッカワラビーは有袋類で、双前歯目カンガルー科クアッカワラビー属に属しています。

■生息地
オーストラリアの南西部

■サイズ
オス・・・43.5~54センチ
メス・・・40~50センチ

■特徴
・全身を灰褐色の長い毛でおおわれていています。耳が非常に小さい。
・20~150匹の群れで行動する。残念ながら数が激減しているそうです。

以上がクアッカワラビーの特徴となりますが、もう一つ重要な特徴があるのです!

それが「世界一幸せな動物」と呼ばれていることです!

どういうことかというと・・・・

こちらです!この笑顔を見てください!誰もがこの笑顔を見て幸せになるわけです!

だから、クアッカワラビーは「世界一幸せな動物」とも呼ばれているのです。

クアッカワラビーと会える場所はどこ?動物園は?

こんなにもかわいい、クアッカワラビー。誰もが「会ってみたい!会える場所は!」と思うのではないでしょうか。日本であれば動物園にでもいるかもしれませんね。

そこで調べてみたのですが、残念ながら日本の動物園にクアッカワラビーはいないようです。

先ほども書きましたが、クアッカワラビーは数が激減し、絶滅する危険性があります。そのため、日本にくることが難しいのではないかと思われます。動物園で人間がしっかりと管理していけば、大丈夫ではないかなと素人ながらに思ってしまうのですが、そうはいかないようですね。生態系を崩してしまうとか、きっと色んな問題があるのでしょう。

どうしても会いたかったら、オーストラリア南西部にあるロットネスト島やボルドー島にいるようですので、そこまで行きましょう!

今すぐ会いたい!と思う方に、動くクアッカワラビーもぜひご覧ください!

モキュモキュと葉っぱを食べる姿・・・生息地まで行けば会えますよ!一日も早く日本の動物園にもこれるように、自然を大事にして動物たちともしっかり共存できるようにしたいですね!

まとめ

今回は「クアッカワラビーの笑顔に会える場所!動物園や生息地を調べてみた!」として、超かわいい、「世界一幸せな動物」であるクアッカワラビーについてお伝えいたしました。

残念ながら日本動物園にはクアッカワラビーはいないようです。生息地であるオーストラリアまで行くしかないようですね。数が激減しているからということですから、一日でも早く、数が増えて多くの方を幸せにしてくれるように願っています!

今回の記事「クアッカワラビーの笑顔に会える場所!動物園や生息地を調べてみた!」をお読みくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク